Apple Watch、米国で中国からの輸入品の関税の対象外に承認される

Apple Watch、米国で中国からの輸入品の関税の対象外に承認される

米通商代表部が貿易戦争の一環として中国から輸入した商品に適用された関税の影響で、ウェアラブルデバイスが金融措置の対象外となることを承認したことで、Apple Watchの影響がなくなっています

2019年9月1日、ドナルド・トランプ大統領の政権は中国から輸入された商品に関税を適用し、Apple Watch、HomePod、Mac、すべてのヘッドフォンを含む幅広いApple製品に影響を与えました

他の製品と同様に、Appleは11月に米国通商代表部(USTR)に、米国で販売するための商品の輸入をより高価にしていたため、同社の製品を関税の対象外とするよう嘆願していました

USTRは数ヶ月後、Appleに手紙を出し、Apple Watchを関税対象外とする決定を通知したとBloombergが報じています

この決定は、AppleがApple Watchを米国に輸入することですぐに安くなったことを意味しています

スポンサーリンク


米通商代表部(USTR)に対するAppleの主張は、Apple Watchは「戦略的に重要なもの」ではなく、また、中国での製造を奨励する「Made in China 2025」などの中国の取り組みとは関係がないと主張していました

当初は関税, 米国と中国の間で進行中の貿易戦争の一環として適用された, AppleにApple Watchを輸入するためのコストを15%増加させました

これはその後、関税の一部を緩和するために北京との合意の一環として、2月15日に7.5%に引き下げられました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)