Appleの2020年iPhone、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの薄型OLEDディスプレイを搭載か

Appleの2020年iPhone、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの薄型OLEDディスプレイを搭載か

次世代のiPhone用のOLED材料も韓国のディスプレイメーカーから提供されると予想されます

Samsung DisplayとLG Displayは、2020年の秋に発売予定の新しいiPhoneモデルのために、OLEDディスプレイをAppleに供給することが理解されています

2020年の秋にリリースされる5.4インチ、6.1インチ、および6.7インチの新しいiPhoneモデルは、3つの異なるサイズのOLEDパネルに適用される予定です

ディスプレイには3つのタイプがありますが、Appleは5Gネットワ​​ークをサポートするモデルのリリースも計画しているため、iPhoneモデル全体の数は4つ以上になる可能性があります

Samsung Displayは5.4インチおよび6.7インチOLEDパネルの唯一のサプライヤになると理解されていて、具体的には、オンセルタッチのフレキシブルOLEDパネルを提供します

このパネルは、基本的にタッチ機能が組み込まれたOLEDパネルで、タッチセンサーは、パネル内部の薄膜カプセル化の上に配置されます

過去のタッチ機能は、パネルにタッチフィルムを取り付けまが、オンセルタッチOLEDパネルは別個のフィルムを必要としないため、ディスプレイの薄型化と生産コストの削減につながります

スポンサーリンク


6.1インチOLEDパネルはオンセルタッチOLEDパネルではなく、フィルムタッチ方式に基づいているため、6.1インチOLEDパネルはSamsung DisplayとLG Displayの両方から供給されます

LG Displayは、オンセルタッチOLEDパネルも製造できます。ただし、その技術は、品質と生産性に関しては、Samsung Displayの技術に少し欠けています

Appleは需給を安定させるために、LG Displayを6.1インチフィルムタッチ方式ベースのOLEDパネルのサプライヤとして選択しました

(Via ETNews.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)