金型のリークは2019年のiPhone 3モデル共にカメラ部分が正方形の隆起になっている

金型のリークは2019年のiPhone 3モデル共にカメラ部分が正方形の隆起になっている

iPhone 2019

2台のカメラしか搭載しないiPhone XRの後継を含む、今年の新しい3つのiPhoneすべてが、カメラ部分が正方形に隆起していると言います

iPhone 2019のリークは、新しいカメラの隆起が非常に大きくデバイスの裏側を占めているため、やや物議をかもしています

一見すると、iPhone XおよびiPhone XSで使用されているなめらかな縦型デュアルカメラモジュールと比較すると、より目立って見えます

iPhone XRの2019年後継となるモデルは、3つではなく2つのカメラモジュールと言われていますが、3つのモデルと同じ正方形の隆起になっているのは不思議です

スポンサーリンク


2019年のiPhone XSとiPhone XS Maxの後継機に搭載されている3台目のカメラは、ソニー製の超ワイドレンズだと考えられています

2019年のiPhone XRについての説明はそれほど明確ではありません

また、Bloombergは新しいカメラはより詳細な写真になると言い、Appleはユーザーが写真を撮った後にショットのフレーミングを変えるような機能に取り組んでいるとい伝えています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)