2019年 iPhoneは、変性ポリイミド(MPI)製アンテナに切り替えの可能性

2019年 iPhoneは、変性ポリイミド(MPI)製アンテナに切り替えの可能性

MPIアンテナへ移行

アナリストMing-Chi Kuo氏によると、Apple はiPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRアンテナに使用されている液晶ポリマー(LCP)製ではなく、2019年iPhoneのほとんどのアンテナに変性ポリイミド(MPI)製を使用する予定だといいます

現在の技術上の制限と製造上の問題により、LCPがiPhone XS 、iPhone XS Max、およびiPhone XR アンテナの高周波伝送性能を制限すると考えています

これにより、MPI製は製造が容易で安価になるとともに、MPI製の高周波伝送性能は少なくともLCP製と同等になります

Kuo氏は、2019年のiPhoneのアンテナ技術のコストは、新しい超広帯域のアップグレードのために、前年比で10-20%増加すると説明しています

屋内ナビゲーションに関しては、これによりiPhoneのパフォーマンスが向上します

スポンサーリンク


2019年 iPhoneアンテナのMPI製への切り替えは、生産上の問題もありAppleにとって最終的な決定ではないようですが、問題はそれまでに解決されると予想されます

また Kuo氏は、現在のモデルと同じ11インチおよび12.9インチの画面サイズを持つ新しいiPad Proモデルは、2019年の第4四半期から2020年の第1四半期の間に量産に入る予定だとし、これらの新しいiPad Pro モデルにはLCP製を使用したフレキシブル回路基板が搭載される予定だと言っています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)