AppleはApple WatchやAirPodsウェアラブルのような「ギミック」を本当に重要視している

AppleはApple WatchやAirPodsウェアラブルのような「ギミック」を本当に重要視している

Apple WatchとAirPodsをより重視

先週、Appleの最高経営責任者であるTim Cookは、ウェアラブル部門(Apple Watchからワイヤレスヘッドフォンまでを含む)の売上が、前四半期に30%の割合で増加したと報じた。

Appleは、iPhoneの販売が伸び悩んでいるギャップを埋めるために、Apple WatchとAirPodsをより重視しています

どのAppleストアに行っても、Apple Watchは目立つように前面に展示されています

AppleはApple WatchとAirPodsの売上高を細分化していないが、その直近の売上報告によると、同社のウェアラブル、ホーム、アクセサリー部門は2019年第2四半期に51億ドルの記録的な四半期を記録しました

Apple Musicのサブスクリプションなど、ウェアラブルとサービスの組み合わせが総収入の29%を占めたのに対し、iPhoneはこれまでの3分の2の水準から54%の売り上げになりました

スポンサーリンク

Appleエコシステム

サンフランシスコのテクニカル分析会社、Creative StrategiesのTim Bajarin氏は、「Appleは、世界中のスマートフォンの需要がピークに達したため、iPhoneの売り上げが落ち込んでいるギャップを埋めるために、AppleがApple WatchやAirPods、さらには音楽やゲームなどの新しいサービスをさらに重視するようになっている」と言います

Bajarin氏はさらに、「Appleのエコシステムに入った後、人々は離れていかない」と述べています

Apple Watchは、健康と運動を監視したいミレニアル世代を対象としていますが、AirPodsはAppleのサービス事業、特にその急速に成長しているApple Musicをサポートしています

米国においてApple Musicは、Spotifyの2,600万人に対して2,800万人の有料加入者を抱えています

(Via The Guardian.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)