2019年iPhoneは、双方向ワイヤレス充電と大型バッテリに

2019年iPhoneは、双方向ワイヤレス充電と大型バッテリに

双方向ワイヤレス充電

Appleの2019年のiPhoneは、iPhoneがAirPodsのような他の機器を充電することを可能にする双方向ワイヤレス充電機能を持つようになるだろう、とAppleのアナリストMing-Chi Kuoが投資家に送付された報告書で再度確認しています

Samsungが2019年のGalaxyスマートフォンですでにデビューした機能であり、それらのデバイスではWireless PowerShareとして知られています

双方向ワイヤレス充電では、2019年に発売されるQiベースのiPhoneで、ワイヤレス充電ケース付きの別のiPhoneまたは新しいAirPodを充電できるようになります

スポンサーリンク


iPhoneは、双方向ワイヤレス充電を搭載した最初のハイエンドスマートフォンではありませんが、この新しい機能により、ユーザーが新しいAirPodを充電し、iPhoneとAirPodの統合されたユーザーエクスペリエンスをより簡単に作成できます

Wireless PowerShareにより、2019年のGalaxyスマートフォンは、iPhoneを含む他のQiベースのアクセサリーを充電することができます

Kuo氏によると、CompeqやSTMicroなどのサプライヤは、Appleが双方向ワイヤレス充電を行うことで、主要コンポーネントの平均販売価格が上がるため、その恩恵を受けるとしています

双方向ワイヤレス充電に対応するため、Kuo氏は、2019年のiPhoneに搭載されているバッテリーボードのサイズが大きくなり、バッテリーパックの容量も大きくなると考えています

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)