夏の熱さがiPhineにダメージを与える可能性も、iPhoneを熱さから守る方法

夏の熱さがiPhineにダメージを与える可能性も、iPhoneを熱さから守る方法

夏は近づいています、私の住む関西でもすでに今日から3日連続で夏日の予報です、ゴールデンウィークも平年より高い予報が出ています

夏になると、屋外でバーベキュー、海水浴など屋外で長時間過ごすことも多いかと思います

熱がコンピューターにとって最適ではないことを知っているはずです、iMacにしろMacBookにしろ熱に対する対策がとられ軽減するためにファンがついていたりします、しかし外の高温で使うことも多いiPhoneにはありません

AppleのiPhoneには、危険な温度変化に対して自分自身を保護し、ユーザーに警告するように設計されていますが、特に高温の環境でも問題が発生する可能性があります

熱によって引き起こされる iPhone の問題

ほとんどの場合、iPhoneは通常、永続的な問題なしに過熱から回復することができます。 iPhoneが暑すぎると、自動的に「クールダウン」モードに入り、そのユーザに温度警告を与えます。しかし、極端な温度や熱に長時間さらされると、Apple製ハンドセットに長時間の影響を与える可能性があります。慎重であることは賢明です

Apple社は、低温や高温の条件でiPhoneの動作が変化する可能性があると指摘しており、iOSデバイスの推奨周囲温度は0º〜35ºCです
もちろん、それは世界の多くの地域で、または車の内部のような密閉されたスペースで、その上部範囲よりもはるかに暑くなる可能性があります

長期間使用すると、電池が破損する可能性があります、Appleはサポート文書で次のように述べています

非常に暑い場所でiOSデバイスを使用すると、バッテリ寿命が永久に短くなる可能性がある

リチウムイオン電池に熱がこもり、内部の液体蒸発、電圧部品の損傷、またはバッテリの内部構造との化学反応などのさまざまな問題を引き起こす可能性があります

そして、それは最悪のケースのシナリオかもしれません
リチウムイオン電池は一般的に安全ですが、損傷したり著しく過熱した場合、すぐに危険に陥る可能性があります

スポンサーリンク

熱に関連する問題を回避するためのヒント

  • 長時間iPhoneを太陽の上に直接放置しない

  • 比較的涼しい日であっても、直射日光がiPhoneの内部温度に影響する可能性があります

  • 暑い日にiPhoneを車内に放置しない

  • 私たちは皆、暑い囲まれた車が夏にいかに得ることができるか知っています、iPhoneを車内に置いたままにしない

  • iPhoneをどこに保管しているか注意する

  • ポケットのような閉じ込められたスペースは、iPhoneの冷却能力を低下させる可能性があります、iPhoneが暖かくなっている場合は、外付けのiPhoneケースを取り外すことも賢明かもしれません

  • 集中的なアプリを検討します

  • ビデオエディタやグラフィックが要求されるゲームのようなアプリは、iPhoneが熱くなる原因となり、それはすでに暑い環境にある場合、問題を提起する可能性があります

  • Wi-Fiをオンにするか、飛行機モードを有効にします

  • インターネットに接続する時にモバイルデータ通信に頼っていると端末が暖かくなります、またGPSはデバイスの温度を上昇させる要因にもなる可能性がありますので、場所やナビゲーションベースのアプリを使用しないでください

  • 温度の警告が表示された場合は、デバイスをそのままにしておく

  • iPhoneが暑すぎると自動的に「クールダウン」モードに入ります、これは熱から守り、使用を控えることで、クールダウンを容易にします

  • しかし、冷蔵庫や冷凍庫にデバイスを置かない

  • 急激な温度変化は、恒久的な損傷を含めて、デバイスに多くの問題を引き起こす可能性があります

(Via iDrop News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)