IOS 11.3はiPhone 8でのサードパーティのタッチディスプレイを無効にする

IOS 11.3はiPhone 8でのサードパーティのタッチディスプレイを無効にする

タッチ入力が出来ない

IOS 11.3は一部のiPhone 8タッチディスプレイを無効にしていることが報告されています

影響を受けるデバイスは、サードパーティのディスプレイがインストールされているユーザーです。これらのディスプレイは、通常、現地の修理工場によって設置され、Appleと提携していません

画面には表示されていますが、タッチ入力はまったく反応しません、タッチスクリーンが有効になっていなければ、デバイスは本質的に役に立ちません

ユーザーがこの問題に遭遇したのは初めてではありません

昨年、純正のApple製部品ではないiPhone 6のディスプレイでタッチ入力が応答しない問題が発生し、IOS 11.0.3のアップデートで対処しました

スポンサーリンク


前回のアップデートで発生したサードパーティの表示に関する問題を修正した時に、サードパーティの部品の使用に関する警告も含まれており、Appleが修理をいつも行うことが推奨されています

多くの人がAppleよりも安価であるため、第三者の修理店を使用することを選択します、Appleは問題を修正するための別のアップデートをリリースするかどうかをまだ発表していません

Touch ID機能を破壊するようなものは意味があります、認証の一形態であり、それを第三者に置き換えることは、誰かが指紋を偽ってしまう可能性があるためですが、タッチ入力を出来なくすることはちょっと奇妙です

これが意図的であるか非意図的であるかは依然として明らかではありません

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)