Apple Watchベータ版には古いアプリの警告が含まれています

Apple Watchベータ版には古いアプリの警告が含まれています

watchOS 5ではサポートを中止することを提案

最新のwatchOS beta 4.3.1では、オリジナルのwatchOS 1 WatchKitアプリケーションを起動するときに新しい警告が発生し、watchOS 5ではそのようなアプリケーションが完全に削除される可能性があることを暗示しています

iOS 11.4、tvOS 11.4、およびmacOS 10.13.5のベータ版がリリースされたとき、watchOS 4.4のベータ版ではなく、これがwatchOS 4.3.1のベータ版で Apple Watchソフトウェアプラットフォームのマイナーリリースでした

しかし、この最新のベータには、watchOSの将来のバージョンの信頼性を向上させるためにWatchKit(watchOS 1)アプリケーションを更新する必要があるという警告が含まれていることが判明しました

watchOS 1では、アプリはかなり遅くなり、iPhoneからのBluetooth接続だけに依存していました、本質的に、iPhoneからApple Watchにすべてが送られます
それは6か月も経たないうちにwatchOS 2が登場するとすぐに終わり、アプリのサポートが改善されました

スポンサーリンク


watchOS 1アプリのサポートを落とすことは、必ずしも悪いことではありません、それらのアプリはiPhoneに依存していました
つまり、iPhoneなしで外出すると、アプリは完全に起動せず、続行するにはiPhoneに接続する必要があることをユーザーに伝えます

Apple Watch Series 3がLTEのサポートを追加しました、これは、Apple Watchに機能を保持する必要がある場合でもiPhoneが必要ないと言うことです

さらに、Appleは11月にもともと発表したように、先週WatchOS 1アプリケーションのアップデートを受け入れなくなりました

しかし、多くの開発者は、ユーザーベースが小さすぎる、または開発コストが高すぎると指摘し、Apple Watchの互換性全体を断っています、最新ではInstagramです

これは、Apple Watchが最終的に独立したデバイスになる可能性があるため、残念なことです
開発企業を殺すのではなく、アップデートして近代化することがうかがえます

画像元:9to5Mac
(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)