ポートレートモード比較、「iPhone X」vs「Pixel 2 XL」vs「Canon 5D Mark III」

ポートレートモード比較、「iPhone X」vs「Pixel 2 XL」vs「Canon 5D Mark III」

ポートレートモード

iPhone 8 Plus、iPhone 7 PlusやiPhone Xは、デュアルレンズカメラシステムを使用して奥行きデータを取得し、機械学習を適用して人工のボケ効果を作り出します
Pixel 2 XLは、深度データを取得するために位相検出オートフォーカス(PDAF)システムを借り機械学習セグメンテーションマップとそれを組み合わせ、および同様の人工的なボケを作成します

これらと、一眼レフカメラ Canon 5D Mark IIIの光学品質と計算やシミュレートする必要のない 50mm f / 1.4レンズで比較です

Canon 5D Mark III + 50mm f / 1.4レンズ

DSLR 002
これが基本となり参考となります

EF50mm F1.4 USMレンズと組み合わせたカメラ本体の驚くべきセンサーが、驚くほど素晴らしい写真になります

深度データ、セグメンテーションマッピング、機械学習、またはその他の処理は含まれていないため、光とガラスの魅力的な物理のみです
サブジェクトとバックグラウンドの分離は「完璧」であり、ボケは要素とラインをまたいで一貫しています

スポンサーリンク

Apple iPhone X

DSLR 003
iPhone Xでは、iPhone 8 PlusやiPhone 7 Plusのように、デュアルレンズカメラシステムを使用して、画像とレイヤードデプスマップの両方をキャプチャします。(これはiOS 10では9層でしたが、フォアグラウンドとバックグラウンドのレイヤーを含めて、これまでより多くの場合があります)

マシンラーニングを使用して、被写体を分離し、カスタムディスクボケを背景レイヤーと前景レイヤーに適用します
レイヤーのおかげで、奥行きデータに応じてカスタムのディスクぼかしを適用することができます

したがって、近くにある背景要素は、離れた背景要素よりもぼやけを少なく受けることができます

Appleはキャプチャ中にポートレートモードのエフェクトをライブで表示し、HEIF(高効率イメージフォーマット)の一部として深度データを格納したり、JPGイメージのヘッダーに埋め込んでいます
こうすることで、非破壊でいつでも奥行きモードをオンまたはオフに切り替えることができます

実際には、Appleのポートレートモードはあまりにも私に暖かく見えます
iPhoneのカメラシステムは、肌の色調を保つためにハイライトを吹き飛ばしているように見える

これは、ぼかし効果をどのように適用するかとほぼ一致していますが、エッジの周りは柔らかすぎる可能性があります
低照度では、カスタムのディスクのぼかしがゴージャスに見えることがあり、ノイズは意図的に機械的なパターンから芸術的な粒子のように見えます

結果は、強力な感情的な特徴を詰め込む不完全な画像です、あなたが実際に見ているよりもよく見えます

Google Pixel 2 XL

DSLR 004
Pixel 2とPixel 2 XLでは、機械学習を使用して画像を分析し、セグメンテーションマスクを作成して被写体を背景から分離します
可能であれば、Googleは通常の単一レンズカメラシステムを使用し、位相検出オートフォーカスシステム(PDAF)のデュアルピクセルをダブルディップしてベースラインの奥行きデータも取得します

Googleはこの2つを組み合わせて、奥行きに比例したぼかし効果を適用します

実際には、Googleのポートレートモードはちょっと「冷たい」ようです
肌の色調を犠牲にしても吹き飛ばしを防ぐことが望ましいと思われます

ぼかしは一貫性がありませんが、エッジ検出ははるかに優れています、時にはそれはあまりにも突然のように見えて、切り抜きのように見えて、実際のカメラでさえそうでない場合でも詳細を保存します
それは、システムの限界を補うための芸術性に頼らず、より完全なシステムに向けてプッシュします。

結果その精度においてほぼ客観的な画像が得られ、一眼レフカメラと比較しても実際に見ているよりも時々見栄えがよくなります

感動するイメージ

好む写真は完全に主観的です、何人かの人々はiPhoneの暖かさと芸術性に、その他Pixelのほぼ科学的な精度に引かれます

個人的には、私はDSLRを好みます、あまりにも暑すぎず、寒すぎず、あまりにもゆるく、あまり厳格ではありません

それは完全に偏っています、AppleとGoogleのポートレートモードは、依然として人間の顔に大きく向いています、顔検出がすべて使用されています

ペットや物体で心停止の結果を得ることができますが、世界で見られるような多様性をカバーするには十分なモデルがまだありません

良いニュースは、計算された写真は新しいものであり、急速に向上していることです
AppleとGoogleは、新しいもの、新しいニューラルネットワーク、新しい機械学習モデルを続けていくことで、より良いものと優れたものを作り続けることができます。

昨年、iPhoneのポートレートモードが大幅に改善されました。 今年も両社とも同じことが起こると想像します

画像元:iMore
(Via iMore.)


比較しやすいように3枚を並べてみました

上からCanon 5D Mark III、iPhone X、Pixel 2 XLの順です

DSLR 008

いかがでしょうか?


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)