Apple、「iPhone 8/8 Plus」の生産を50%カットで株価が1.5%下落

Apple、「iPhone 8/8 Plus」の生産を50%カットで株価が1.5%下落

生産量50%カット

台湾のサプライチェーン関係者は、Appleが11月と12月にiPhone 8とiPhone 8 Plusの注文を約50%削減したと伝えています

これによりAppleの株価は 1.5%減少しています

ロイター通信は台湾の経済デイリー・ニュースでこの報告書を見つけました

経済デイリー・ニュースは、iPhoneの歴史の中で、このサイクルの早い段階で生産が削減されたのはこれが初めてだと言います

「iPhone X」の予約が開始されてない現在、iPhone 8の需要の減少は、悪いニュースになるのかAppleにとって良い結果になる可能性があるのか

悲観的な解釈としては、ユーザーは「iPhone 7」と「iPhone8」が十分差別化されていないと見ているのと、来年を見据えて購入を延期していると見る事です

一方、楽観的な解釈としてより多くのユーザーが、価格が高くても「iPhone X」の購入する意思があると言うことです

スポンサーリンク


アナリストたちは、Appleが「iPhone X」にもっと焦点を当てようとしていると考えています、「iPhone X」はエッジトゥエッジディスプレイで根本的に違って見え、999ドルから販売され、マージンを増やすだろうと予測しています

Rosenblatt SecuritiesのアナリストJun Zhang氏は、「iPhone X」がすぐに売り切れになるため、AppleがiPhone 8の生産を削減し、「iPhone X」向けの生産能力をシフトできると考えていると語った

当初「iPhone8」と「iPhoneX」は50:50で生産を行ってきましたが、「iPhone X」の配分が12月には60-70%、3月にはさらに増加する可能性があるとZhang氏は書いています

(Via REUTERS.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)