「iPhone 7s」は、ガラス製のバックシェルとアルミフレームで「iPhone 7」より僅かに厚く大きくなる

「iPhone 7s」は、ガラス製のバックシェルとアルミフレームで「iPhone 7」より僅かに厚く大きくなる

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

僅かに厚く大きく

「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」は、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」で大部分の設計上の決定を共有していると噂されていますが、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」よりも僅かに厚く大きくなる重要な変更があります

「GIGA APPLE」によると、ガラス製のバックシェルとアルミフレームによって僅かに厚く大きくなると、サイズを記して紹介しています
Iphone7sSize 001

  • iPhone 7:67.14mm x 7.1mm x 138.31mm
  • iPhone 7s:67.27mm x 7.21mm x 138.44mm

これまで、Appleは同一筐体と思われる場合でもサイズの変更の前例は在ります

  • iPhone 6:67.0mm x 6.9mm x 138.1mm
  • iPhone 6s:67.1mm x 7.1mm x 138.3mm

僅かな差は、手に持って日々使用する場合において殆ど気付くことは在りませんでしたが、しっかりとフィットするケースにおいては購入し直す必要が在りました


スポンサーリンク



カメラレンズの出っ張り

これまで、カメラレンズの出っ張りに対して色々議論があったレンズの厚みが次のようになります

  • iPhone 7:8.18mm
  • iPhone 7s:7.92mm

Iphone7sSize 002

これと共に、バックシェルがガラスになって厚みが増す分出っ張りが

  • iPhone 7:1.08mm
  • iPhone 7s:0.71mm

になり相対的に出っ張りが小さくなります

画像元:GIGA APPLE
(Via GIGA APPLE.)


ハード系のケースの場合は買い直しが必要になりそうです

カメラレンズの場合は、裸で使う人は気になると思われますがケースを着けて使用する場合は殆ど気にはならないと思われます


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)