「iPhone 7s」は、4.7インチと5.5インチで背面はガラスか

「iPhone 7s」は、4.7インチと5.5インチで背面はガラスか

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

アップルのチップセット担当者、ソニー・ディクソンから写真が届きました。この写真には、今年発売予定の3つiPhoneの内「iPhone 7s Plus」の模造モデルが描かれています

シャーシは現在の「iPhone 7/7 Plus」と同じものです

一つ違うのは、このモデルの背面がアルミではなくガラスを使っていることで、誘導充電をサポートすると考えられています

2017年のiPhoneのサイクルの注目の大部分は、全く新しいシャシーデザイン、エッジツーエッジのOLEDディスプレイ、その他多くのプレミアム機能を搭載した、iPhone 8にあります

しかし、そのデバイスに加えて、アップルは現在のiPhone 7シリーズに比べて控えめなアップグレードを表す2つの新しいiPhoneモデルを発表する予定です

「iPhone 7/7 Plus」は内部的には、A11プロセッサーを搭載しパフォーマンスを向上させるでしょう

NewiPhone7s0805 002

スポンサーリンク




新機能の主な新機能は「ワイヤレス」インダクティブ充電で、ユーザーは従来のライトニング・ケーブルではなく、新しい誘導充電器パッドでiPhoneを充電することができるようです、外部ではiPhone 7sとiPhone 7s Plusの両方のガラスバックを指す噂があり、リアケースに穴を開けることなく誘導充電を可能にします

新しい写真では、光沢のあるガラスの裏を見ることができ、一般的には審美的には「iPhone7s/7s Plus」は一見そんなに変わることはありません

「iPhone7s/7s Plus」のモデルは、ラインアップで通常の650ドルと769ドルの価格になるようですが、根本的に再設計されたiPhone 8は大幅にコストがかかります

ただ。噂では発売された時にはワイヤレス充電 -は準備ができていない可能性があり、「iPhone 7 Plus」のポートレートモードのようにバージョンアップにて対応するとされています

画像元:9to5Mac
(Via 9to5Mac.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)