iPhone 8、生産の難しさから「重大な供給不足」に直面する

iPhone 8、生産の難しさから「重大な供給不足」に直面する

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

厳しい供給不足?

iPhone 8は、2017年の秋以降年末までに発売されると噂されています、最近では10月との噂もでています

KGI証券のアナリストであるMing​​-Chi Kuo氏は、AppleがiPhone 8の生産に困難を抱えているとのアナリストノートを発表しました

「iPhone出荷の最悪シナリオの可能性の高まり」と題して、Appleの伝統的な8月から9月にかけてのiPhone 8の生産が、10月から11月に遅れる可能性があるとの見解を示しました

Kuo氏はAppleが9月にこのデバイスを発表して展示すると予想しています、その結果として新しいiPhoneモデルが9月に導入された後、「しばらく」続く「厳しい供給不足」になるだろうと考えています、

iPhone 8の不足の可能性があるため、Kuo氏は、噂の3Dセンサーの有用性、タッチIDの可能性、市場競争の問題から、iPhone 8への需要が完全に移行するかどうかは不明だと言っています


スポンサーリンク



我々はOLEDのiPhoneによって引き起こされる潜在的な交換需要に肯定的ですが、需要がその方向に完全にシフトするかどうかを判断することは時期尚早です
(1)OLED iPhoneの3Dセンサーが画期的なユーザーエクスペリエンスを提供するかどうか
(2)OLED iPhoneがタッチID(指紋認識)を取り消すかどうか
(3)Appleの競合他社が、4Q17-2Q18にOLED iPhoneと競合するより革新的な製品を投入するかどうか

iPhone 7のリリースに先んじて、生産の遅れや供給不足の噂が聞こえるのは珍しいことではありません

実際、iPhone 7 Plusは発売後数ヶ月間制約を受けていましたが、iPhone 8についての警告は過去のiPhoneのリリースサイクルで見た警告よりも切迫したものです

(Via MacRumors.)

昨年の、iPhone 7 Plusの時のような争奪戦が起こる可能性がありそうですが、これからも真偽取り混ぜた色々な噂が出てくるものと思われます


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)