iPhone Xのオーナーは、基本的にSiri以外のすべてに満足している

iPhone Xのオーナーは、基本的にSiri以外のすべてに満足している

先月、Tech.pinions はiPhone Xの所有者について調査しました、調査の回答者の多くは米国でしたが、ヨーロッパの多くの地域からの回答もありました

調査は、このグループがiPhone Xの所有者の大多数のグループの1つであることから、意図的に市場のアーリーアダプターの部分に焦点を当てました
私たちはこのグループに焦点を当てることが、最高のボリュームのオーナーを生むことがわかっています

顧客満足度

興味深いことに、製品に対する顧客満足度に関しては、アーリーアダプターと主流の消費者が好きな商品をどのようにランク付けするかに大きな変化は見られませんでした

実際、もしあれば、早期採用者は主流の消費者よりも全体的に批判的で満足度が低い傾向があります。そのため、早期採用者のプロファイルによる顧客満足度が非常に高いと判断された場合、問題の製品が品質であることがわかります

全体的な顧客満足度が得られたとき、私たちの調査でiPhone Xの所有者は、製品全体で97%の顧客満足度を得ました

その数は印象的ですが、顧客満足度調査を行うときに本当に際立っているのは、彼らが製品に非常に満足していると言う割合です

非常に満足している回答が高いほど、本当に良い製品になります、私たちの調査では iPhone Xの所有者の85%が、この製品に非常に満足していると答えました

興味深いのは、iPhone Xの顧客満足度を特定の機能で見たときです

スポンサーリンク

iPhone X独自の機能に特化した顧客満足度

IPhone X Satisfaction 001

  • iPhone Xの見た目(例えば、デザインの美学)
  • iPhoneの速度X
  • 写真の品質
  • 5.8インチ Super Retina OLED ディスプレイ
  • スワイプベースのジェスチャインターフェイス
  • Face ID
  • バッテリー寿命

これらは 90%を越えて非常に高い数値になっています

Siriに関してはiPhone X固有の機能ではありませんが、iPhoneのコア機能になるように設計されて以来の中心的な機能であると同時にユニークな最適化新しいプロセッサ設計により、iPhone XのSiriと共に存在するオンデバイスの性能と機械学習が実現します

アーリーアダプターは、主流の消費者よりも重要で、これはこの図にも反映され、重要な点が強調されています

Appleについて熱狂的でもあるかもしれないが、Siriはこのグループで低位にランクされていることは、かなり実用的であり、必要に応じて批判する準備ができて低いことを示しています

私たちがiPhone Xで収集したデータは、Appleがこの製品を次の10年間のイノベーションのベースラインとして使用している場合、強力なスタートを切っており、確固たる基盤を構築していることを示しています

AppleがSiriをリーダーシップの立場に戻すことができ、iPhone X基盤のハードウェアとソフトウェアを引き続き構築することができれば、今後10年間は​​うまくいくでしょう

(Via Tech.pinions.)


私が不満な点は、縦横比です

これまで、iPhone 6からPlusを使用してきましたが、iPhone Xになり縦横比が変更になっています
これはこれでPlusと比べると断然手に持った時の持ちやすさと操作がしやすくなっています

ただ画面で文字を見る時に横幅の狭さが、未だに慣れません
文章を読む時に改行を目で追う頻度が多くなるからかもしれません

Siriに関しては、iPhoneでは殆ど使うことがないので、気にならないと言うところでしょうか

では、では・・・










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)