AppleのiPhone 12モデル、Qualcommの5G X55モデムを採用

AppleのiPhone 12モデル、Qualcommの5G X55モデムを採用

デバイスの初期の分解によると、Appleの新しい5Gを搭載したiPhone 12モデルは、QualcommのSnapdragonX55モデムを搭載しているようです

iPhone 12 は、正式に顧客の玄関口に到着を開始していませんが、新しいモデルのティアダウンビデオや内部写真は、中国のソーシャルメディアですでに公開されています

Weiboに投稿されたあるクリップは、Qualcomm 5 Gモデムを搭載したL字型のiPhoneロジックボードを示しているようです

ビデオにはiPhoneが分解されている様子は映っていませんが、ロジックボードは他の確認されたテストで見られたものと同じように見えます

これは、Appleが第二世代のQualcomm 5Gチップを2020年のiPhoneに搭載するという予測と一致します、Qualcommは新しいX60チップを提供していますが、この製品はAppleのiPhone 12ラインアップに含まれるには遅すぎました

スポンサーリンク


4つのiPhone 12とiPhone 12 Proのすべてのモデルは、サブ6GHz帯の5Gと米国のmmWaveの両方をサポートしています, 他の国のモデルでは、ローバンドの5G接続のみをサポートしています

Appleは、2019年に同社の5Gチップ技術へのアクセスを得るために、長年続いていたクアルコムとの法的紛争を解決しました

AppleはiPhone 11のラインナップでIntelのチップを選択しましたが、Intelが5Gチップを提供できないことが明らかになりました

しかし、来年の「iPhone 13」モデルにはX60モデムが搭載される可能性が高く、それはバッテリー性能、チップサイズ、接続性が大幅に向上します

Appleはすでに、少なくとも2024年までは将来のiPhoneに次期Qualcomm製チップを採用する計画であることを示唆しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)