Twitter、iOSアプリアップデートで全員に返信制限機能を提供

Twitter、iOSアプリアップデートで全員に返信制限機能を提供

今週初め、Twitterは、ユーザーが自分のツイートに返信できるユーザーを制限できる新機能について言及していましたが、この機能は誰でも利用できるようになりました

この返信制限機能は、Twitterの全体的な取り組みの一環であり、ユーザーがプラットフォーム上で会話する相手をより細かく制御できるようにするものです

これを使えば、Twitterの荒らしやその他の不愉快な人たちから不要な返信を受け取ることはありません

利用方法

新しいツイートを作成して送信する前に、そのツイートに返信できる人を選択するには、 「全員」 (デフォルト) 、 「フォローしているアカウント」 、または「@ツイートしたアカウントのみ」 の3つのオプションがあります

Twitter Post 00002 z

「全員」以外のオプションを選択すると、返信を許可されていないユーザーの返信アイコンがグレー表示されます

しかし、これによって、その特定のツイートをリツイート、コメント(引用リツイートを経由して)、共有、いいねをすることができなくなるわけではありません

スポンサーリンク


Twitterのブログ記事では、この機能に早くからアクセスしていた人たちは、スパムや悪用、迷惑なプライベートメッセージから守られていたので、より安全で快適なツイートができると感じていたそうです

それはまた、ノイズを遮断するのに役立ちます、テスト中にこの機能を使ったユーザーの60%は、ミュートやブロック機能を使用していませんでした

このところ物議を醸しているので、この新機能は多くの人に役立つと思われます

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)