【iOS】クロスプラットフォームのファイル転送アプリ「AirDroid」がリリース

【iOS】クロスプラットフォームのファイル転送アプリ「AirDroid」がリリース

AirDroid for iOS

AppleのAirDrop機能の代わりに、AirDroidを使用すると、近くのデバイスや遠いデバイス間でファイルを簡単に共有できます

近くのデバイスにピアツーピアネットワークを使用することで、携帯電話やWi-Fiネットワークがない場合でも、アプリはBluetoothを利用します

近くのデバイスでWi-Fiが有効になっている場合、AirDroidは最大20MB / sの転送速度でWi-Fi Direct接続を確立します

このアプリは、iOS、macOS、Android、Windowsなどのさまざまな端末、タブレット、パソコンで動作します

AirDroidはApp Storeから無料で利用でき、追加機能のロックを解除するためにはサブスクリプションのプレミアムアップグレードが必要です($ 1.99/月、$ 19.99/年)

プレミアム機能には、「無制限のデータ通信容量」「フォルダ転送」「大容量ファイル」「マルチデバイスのサポート」などが含まれます

MacOSやその他のプラットフォーム用のデスクトップAirDroidアプリ は公式サイトからダウンロードできます

スポンサーリンク




AirDroid – File Transfer&Share
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料


リリース日: 2017/10/12
サイズ: 59.7 MB
ユニバーサル対応: iPhone/iPadの両方に対応
バージョン: 1.0.0
販売元: Sand Studio

ss1 ss2













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)