【iOS 11】サインインされたソーシャルメディアアカウントにサードパーティのアプリはアクセスできなくなる

【iOS 11】サインインされたソーシャルメディアアカウントにサードパーティのアプリはアクセスできなくなる

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

iOS 11では

多くのiOSアプリはFacebookやTwitterのアカウントを使ってサインアップ/サインインする機能を長く提供し、iOSのネイティブソーシャルアカウント統合を利用してこれを達成してきました

しかし、Appleは「iOS 11」でネイティブのFacebookとTwitterの統合を取りやめ、その機能を完全に廃止しました

ソーシャルアカウント機能を削除したアプリでサインインしたアカウントにアクセスすることができなくなり、サインインするプロセスが煩わしく長くなり面倒になります

Appleの視点からは、iOSには現在、拡張機能が付属しているため、この動きはある意味では意味をなしません

このようにして、ユーザーはソーシャルネットワーキングサイトの本来のソーシャルメディアアカウントをOSに統合することなく、お気に入りのソーシャルネットワーキングサイトにコンテンツを直接共有できます

ソーシャルアカウントの機能が削除されたので、ユーザーはTwitterやFacebookアプリの共有拡張機能を使ってiOS 11でもコンテンツを共有する必要があります

システムレベルの統合がなければ、iOSはモバイルWebに戻ってしまうかもしれません
モバイルSafariでFacebookに一度ログインし、ソーシャルネットワークを使ってサードパーティのアプリにログインするのにIDやパスワードを覚えておく必要があります


スポンサーリンク




Appleがシステムレベルのソーシャルアカウント機能を何らかのパスワード自動入力機能に置き換える可能性があります

こうなると継続的に急力する必要が出てきますが、Appleがこれをやっている理由はまだ説明していません

(Via The Verge.)

Appleはプライバシーのセキュリティに焦点を当てていますが、これではユーザーの利便性が損なわれてしまうことは間違いありません

Appleには代替えになる何かツールを用意して欲しいものですね


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)