Apple幹部、iPadOS 15はUIの変更でユーザーはマルチタスクをしやすくなったと語る

Apple幹部、iPadOS 15はUIの変更でユーザーはマルチタスクをしやすくなったと語る

iPadOS 15のマルチタスクの変更により、ユーザーはそもそもマルチタスクが可能であることを理解しやすくなりました

WWDC後の世界的な製品マーケティング担当副社長BobBorchers氏とインテリジェントシステムエクスペリエンス担当副社長SebastienMarineau-Mes氏へのインタビューで明らかになりました。

「これについて私たちが考える方法は、一歩前進してマルチタスクを実行することで、発見が容易になり、さらに強力に使いやすくなるということです」とBorchers氏は述べています

また「過去にマルチタスクを使用していたのはプロだったと思いますが、多くの人々に適用できると考えているので、もっと広く取り上げたいと思います」とも述べています

IPadOS 15 multitask 00002

Marineau-Mes氏は、目標の1つは、空間モデルをより明確にすることであると言いい「「たとえば、分割ビューがあり、ウィンドウの1つを交換する場合は、カーテンを開いてもう1つのアプリを横に押し込みます。これは、隠されたメンタルモデルではありません。それは非常に明白なものだ」と述べています

スポンサーリンク


今回の変更点としては、マルチタスクが選択肢の一つであることをユーザーに知らせるためのアフォーダンスが必要でした

「ユーザーは、ホーム画面のどこにあるか、および構成したすべてのアプリについて、非常に強力なメンタルモデルを持っています、そのため、私たちはそのメンタルモデルを適切に維持し、スイッチャーで人々が再び再編成できるように努めています」、 iPadOS 15のもう1つの目標は、キーボードからすべてをナビゲートできるようにすることでした、とMarineau-Mes氏は付け加えました

新しいマルチタスク機能は、すべてキーボードのショートカットで操作できます。”検索もできるし、これは微妙なところですが、MacとiPadOSの間でショートカットを合理化するために、非常に意識的な努力もしました

IPadOS 15 multitask 00003

Boucher氏とMarineau-Mes氏は、機能の一般的な発見可能性、ユニバーサルコントロール、クイックメモ機能が「システムに浸透しており、どこからでも簡単にアクセスできる」ことについても触れています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)