iPadOS 13の外部ドライブのサポートはユーザにとってメリットのある新機能

iPadOS 13の外部ドライブのサポートはユーザにとってメリットのある新機能

マウスのサポートはより注目を集めていますが、iPad Proに外付けドライブへのフルアクセスを与えることがiPadOS 13の最大の改善点です

アダプタを使用すると、ハードドライブからmicroSDカードまで、あらゆるものにアクセスできるようになりました

iPadがついにUSBフラッシュメモリにアクセスできる

Appleのソフトウェアエンジニアリング責任者、Craig Federighiは、MacStoriesとのインタビューで次のように述べています

iPadOS 13アップデートが間もなく提供されるようになると、2018年iPad Proは、Macと同じくらい簡単にUSBドライブに読み書きできるようになります


プロフェッショナル向けのアップルの最新タブレットにはUSB-Cポートがありますが、優れたHyperDrive for iPad Proのようなマルチポートハブを接続すると、USB-AドライブやSDおよびmicroSDカードにアクセスできます、安いハブでも同じことができます


ただまだ制限があります、iPadOS 13 Beta 1では、ドライブの空き容量を表示できません、ドライブを再フォーマットもできません


テストでは、一度に1つのドライブしかマウントできないことがわかりました、それらの間でのファイルのコピーをするのは少し面倒です

External drive support 00002 z

スポンサーリンク

一般ユーザーにとってのメリット

重要な写真、ビデオ、文書、その他のファイルのローカルバックアップを作成できることも非常に便利です、これはiPadOS 13では安全で簡単で、MacやPCと同期する必要はありません

また、USBフラッシュメモリでMP4またはMOVファイルとして映画やテレビ番組のコレクションを持ち歩くことは、iPadのスペースを節約するための素晴らしい方法です

もちろん、改善の余地はあります

外付けドライブから曲を再生することは可能ですが、これは一度に1トラックずつしか実行できないため、あまり理想的ではありません

おそらく、開発者は外部メディアから引き出すことができる音楽アプリを作成するでしょう

プロユーザにもメリット

以前は、iPadは写真をカメラまたはSDカードから写真アプリに転送することしかできず、プロの写真家を苛立たせていました

AppleのFederighi氏は、「写真家にはLightroomのようなアプリに直接写真をインポートする機能が非常に重要であることを知っている」と述べています

大量のPDFを持ち歩く必要があるビジネスマンは、もはやそれらをタブレットに載せる必要はありません

あるいは、iCloudにアクセスするための強力なWi-Fi接続が必要になったりします、これらの同じファイルは外部ドライブに配置して、いつでも利用できます

すべての人にとって節約が可能

すべての人が節約できる可能性があることに加えて、ビジネスユーザーと外出先の平均的なユーザーにとっての面倒さが少ないため、外付けドライブへのアクセスはiPadOSの最も優れた新機能です

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)