OLED iPad、軽量設計と 他の追随を許さない画質重視との噂

OLED iPad、軽量設計と 他の追随を許さない画質重視との噂

Appleが現在、OLEDディスプレイを搭載するiPadの最終プロトタイプを製造しており、軽量なデザインと画質の向上に重点を置いているとET Newsは報じています

プロトタイプは、韓国のディスプレイパートナーであるSamsungとLG Displayと共同で製造されていると報じられており、Appleが一連のテストを実施できるようになっています

Appleはまた、ディスプレイの薄さに必要な耐久性を高めるために、特別なコーティングも開発していると考えられています

Appleは、OLED iPadのデザインをより軽量化し、「他に類を見ない画質」を実現することに注力しているとされます

スポンサーリンク


ディスプレイの重量を大幅に削減するドライエッチングプロセスによって部分的に促進されています

Appleはこのエッチングプロセスを使ってOLEDパネルを軽量化したわけではありません、既にOLEDパネルを使った従来のiPhoneよりもすでに重量を減らしており、コストアップにつながるためです

つまりこれは、iPadが最初の製品になるということです

最初のOLED iPadの導入元モデルには、11インチと12.9インチのiPad Proになるとよそうされています、両デバイスは2024年に発売されると広く噂されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)