次期iPad miniにはmini-LEDディスプレイは搭載されないとディスプレイアナリスト

次期iPad miniにはmini-LEDディスプレイは搭載されないとディスプレイアナリスト

昨日、DigiTimesが次期iPad miniにはmini-LEDディスプレイが搭載されると報じましたが、今度はディスプレイアナリストのRoss Young氏がこの報道に反論し、アップデートされたiPad miniは今年中に発売される予定であるものの、mini-LEDディスプレイは搭載されないと主張しています

Young氏は、DigiTimesがAppleにディスプレイを提供するとしているRadiant Opto-Electronics社に「確認した」と述べ、次期iPad miniにはmini-LEDディスプレイが搭載されないとしています

なお、サプライヤーは顧客の仕事に関する具体的な詳細については口を閉ざしており、特にAppleのために働いているサプライヤーはその傾向が強い

スポンサーリンク

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は以前、mini-LEDディスプレイを搭載した最新のiPad miniが2020年に発売されると述べていましたが、おそらく世界的な健康危機と生産の遅れのために、それは実現しませんでした

iPad miniの噂は、これまであまりはっきりしていませんでしたが、ホームボタンがなくなり、電源ボタンにTouch IDセンサーが組み込まれ、USB-Cポートが搭載され、ディスプレイが大型化するなど、デザインが大幅に変更されるとする説があります

また、次期iPad miniには、最新のiPad AirやiPhone 12に搭載されているAppleの現行フラッグシップチップ「A14」が採用されるのか、それとも次期iPhone 13向けの「A15」チップが採用されるのかについても、うわさが錯綜しています

また、iPad miniの「Pro」モデルが開発されているとの噂もありますが、その可能性は低いと思われます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)