【iPad】フォルダ内や2画面目以降のアプリを常にホーム画面に表示し、ワンタップで起動する

【iPad】フォルダ内や2画面目以降のアプリを常にホーム画面に表示し、ワンタップで起動する

アプリが増えてくると、フォルダで管理したり2画面目以降にアプリを置くことになります

そうして管理していくと、アプリを起動するのに余分に一手間、二手間が掛かってしまいます、ホーム画面だけで済むと非常に楽になりますし

アプリをウィジェットに表示

iPadでは、ホーム画面に常にウィジェットを表示することができます、このウィジェットに頻繁に利用するフォルダに入っているアプリや2画面目以降にあるアプリを登録して、ワンタップで起動できるようにしようと言うことです

これにはランチャーアプリを使いますが、一番簡単に登録できると思われるのが「Launcher」です、urlスキームを持たないアプリはショートカットに登録してアイコンをApp Storeから取得して登録する必要がありますが、それらを気にすることなくオートで全て行ってくれます

Launcher 00001 z

スポンサーリンク

設定方法

  1. アプリ「Launcher」を起動します
  2. 「メイン」をタップします
  3. Launcher 00012 z

  4. 「+」をタップして登録します
  5. Launcher 00003 z

  6. 「アプリランチャー」を選択します
  7. Launcher 00004 z

  8. まず最初に表示されるのが「直接起動可能」なアプリで、必要なアプリがあれば此処から選択します
  9. Launcher 00005 z

    スポンサーリンク

  10. 該当アプリがない場合は「App Store」項目を選択します
  11. 登録アプリを入力して検索します
  12. Launcher 00006 z

  13. 今回登録する「REC-ON.App」は右側にショートカットアイコンが表示され、ショートカット経由で登録しなければなりませんのでショートカットアイコンをタップします
  14. Launcher 00013 z

  15. 「Siriに追加」ボタンをタップします
  16. Launcher 00007 z

  17. 「インポート」をタップします
  18. Launcher 00008 z

    スポンサーリンク

  19.  ショートカットが表示されるので一番下までスクロールし「信頼されていないショートカットを追加」ボタンをタップします
  20. Launcher 00014 z

  21. 左下の歯車アイコンをタップします、「ランチャーのサイズ項目」をスライドしアイコンの大きさを決めます
  22. Launcher 00009 z

  23. ウィジェットで「Launcher」を追加します
  24. Launcher 00010 z

  25. 以上で、ホーム画面のウィジェットにアプリのアイコンが表示されるので、一発で起動できるようになりました
  26. Launcher 00011 z











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)