2020年iPadはA12プロセッサを搭載すると予測

2020年iPadはA12プロセッサを搭載すると予測

iPadが2020年にリフレッシュされるという以前の報道を裏付けるように、第8世代のiPadは現行モデルのA10からA12プロセッサで動作するようになるとの情報がリークされました

Twitterユーザーの@L0vetodreamは、これまでのリーク情報を受けて、Appleの最も低価格なiPadにA12プロセッサが搭載されることを明らかにしました

この主張は、アナリストのMing-Chi Kuo氏による、新しい10.8インチのiPadが今年の後半に発売されるという報告に続くものです

同氏のレポートでは、このモデルが 「iPad Air」 の改良版なのか、通常の 「iPad」 なのかは明らかにされませんでした、しかし同氏は、iPad miniにもiPad miniにも高速チップが搭載されると述べています

現行のiPad Airのディスプレイは10.5インチで、通常のiPadのディスプレイは10.2インチです、Kuo氏によると、新しいiPadとiPad miniはiPhone SEに似た価格帯になるが、以前より高速なプロセッサを搭載するとしています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)