新しいハイブリッドOLED技術を搭載したiPadは2024年に登場するとの噂

新しいハイブリッドOLED技術を搭載したiPadは2024年に登場するとの噂

AppleはTaiwan SMTと契約しており、最終的には2024年までにAppleがiPad ProにハイブリッドOLEDディスプレイを採用する可能性があります

ディスプレイはiPadとiPad Proの体験を左右する重要な要素であり、サプライヤーの変更はインバウンドのデザインアップデートの合図になることがあります、サプライチェーンが1つ増えた場合、Appleは大規模な変更に備えている可能性があります

台湾のSurface Mounting Technology (SMT) がサプライヤーとなり、iPad ProおよびMacBook Proシリーズ用のミニLEDバックライトのSMTプロセスを取り扱うことになった、と火曜日の朝のDigiTimesによる記事が伝えています

これが正確であれば、Taiwan SMTにとってAppleのサプライヤーのエコシステムにおける最初の事例となります

Appleは台湾SMTを資金面で支援したとされ、さらに、Appleはmini-LED蒸着専用ハードウェアを使用して生産ラインの拡張を支援していると報告書は主張しています

スポンサーリンク


Appleは将来的にハイブリッドOLEDを採用できるようになるまで、mini-LEDベースのハードウェアを改善するチャンスを得ることができるため、Taiwan SMTの追加は大きな意味を持つ可能性があります

最初はもっと薄いディスプレイでiPad Proをさらにスリムにできるかもしれません

レポートでは、Appleが開発したガラス基板と薄膜封止法を組み合わせたディスプレイ技術「ハイブリッドOLED」に言及しています、この技術により、ガラス基板の厚さは一般的なものの半分以下になり、曲げたりすることが容易になります

ハイブリッドディスプレイは、既存の折り畳み式ディスプレイの問題を解決しようとするもので、折り畳み式ディスプレイはしわくちゃになる可能性があります、Appleは、SamsungやLGと共同でディスプレイを開発していると報じられています

しかし、レポートの文脈では、台湾SMTの採用は、ハイブリッドOLEDが成熟して製品化に近づく一方で、mini-LEDバックライトの使用を拡大するためのものと思われます

これはAppleがmini-LEDをメインディスプレイ技術として早くても2024年まで使い続ける必要があることを意味します

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)