Appleは、OLEDディスプレイを備えた13インチMacBookAirとiPad Proを計画

Appleは、OLEDディスプレイを備えた13インチMacBookAirとiPad Proを計画

Appleは早ければ2024年にもディスプレイ技術をさらに進化させる計画です、アナリストのRoss Young氏の最新レポートによると、AppleがOLEDディスプレイを搭載したMacBookを2024年のどこかで発売する可能性は、ますます高くなっているとのことです

OLEDディスプレイを搭載するiPad Proモデルの開発も続けています

Young氏によると、OLELディスプレイを搭載したこのMacBookはMacBook Airになると予想されていますが、2024年が近づくにつれて状況が変わる可能性があるとのことです

Appleが11インチOLEDと12.9インチiPad Proに加えて、13.3インチOLEDノートブックを2024年に発売する可能性はますます高まっています

MacBook Airになると予想されていますが、MacBookやMacBook Pro、あるいは新しいカテゴリになる可能性もあります

スポンサーリンク


Young氏はさらに、OLED iPad ProとMacBook Airには「タンデムスタック」と呼ばれるディスプレイ技術が採用されていると指摘しています

この技術は明るさを高め、ディスプレイの寿命を延ばし、消費電力を約30%削減するものです、Apple周辺で使われているOLELディスプレイも、効率を高めるために、リフレッシュレートの可変ディスプレイが採用される可能性が高いようです

Appleが現在採用しているmini-LED技術はOLEDの代替技術です、ある面では優れていますが、ある面では劣っています

mini-LEDスクリーンは、複数の調光ゾーンに配置された数千個の小さなLEDで構成されています、mini-LEDディスプレイはOLEDディスプレイよりも輝度が高いが、局所的な減光はOLEDほど正確ではありません、OLEDディスプレイも焼き付きに悩まされています

さらに将来を見据えると、Appleはmicro-LED技術にも積極的に投資しています

これは、mini-LEDとOLEDディスプレイの両方の長所を組み合わせたもので、micro-LEDディスプレイは、OLEDとほぼ同じですが、輝度が向上し、焼き付きが発生しないのが特徴です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)