M1 iPad Proでは、アプリケーションが使用できるRAMは最大5GBに制限される

M1 iPad Proでは、アプリケーションが使用できるRAMは最大5GBに制限される

新しいM1 iPad Proシリーズの目玉のひとつは、最小8 GBのRAMを搭載し、1TBと2TBのストレージモデルは大容量16GBのRAMを搭載することです

M1 iPad ProにRAMを追加することで、重いアプリでも、特にレイヤー数が多い場合や写真が大きい場合に、パフォーマンスを大幅に向上させることができます、しかし、多くの開発者が知っているように、新しいiPad Proではアプリが使用できるRAMは最大5GBに制限されています

5GB以上のRAMを使おうとすると、新しいiPadではすぐにクラッシュします

大部分のアプリはそれほど大量のRAMを必要としないだろうが、プロ用の写真や動画編集アプリは、特に大きなファイルを扱う場合には、4〜5 GB以上のRAMを簡単に消費します

スポンサーリンク


Procreateは、M1に最適化されたアプリをリリースした後、Twitterで、8GBまたは16GBのRAMを使用した場合、アプリが使用できるRAMの量が制限されることを指摘しました

これまでiPadに搭載されていた最大のRAMは、ストレージ構成にかかわらず6GBのRAMを搭載した昨年のiPad Proでした

そのため、iPadOSがアプリに課す5GBの制限は、開発者が利用可能なメモリの大部分にアクセスできるため、必ずしも警鐘を鳴らすものではありません

しかし、M1 iPad Proでは、開発者は利用可能なハードウェアの可能性を十分に活用することができません

PadOS自体は、M1のユニファイド・メモリーの全領域にアクセスできますが、アプリケーションはそのうち5GBにしかアクセスできないと言われています

iPadユーザーからは、「iPadOSは、iPad Proのハードウェアや潜在能力を十分に活用できていない」という声が以前から聞かれていましたが、iPad Proに搭載されたM1チップの存在で、それがより現実的なものになりました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)