Apple WatchのAssistiveTouchはApple Glassesでの操作を前提としている

Apple WatchのAssistiveTouchはApple Glassesでの操作を前提としている

Apple WatchのAssistiveTouchの発表は、運動機能に障害のある人たちの間で大きな話題となり、多くの人たちがその技術的な達成感に感動しました

アナリストのNeil Cybart氏はAboveAvalonの記事で、Appleはこの技術をApple Glassを制御する手段として利用する可能性が高いと考えています

Appleは、研究開発プロジェクトの舞台裏を見せるのではなく、ユーザーに提供する技術を発表しました

この技術は、センサとテクノロジの組み合わせによって 「Apple Watch」 を手指ジェスチャーリーダーに変えるもので、さらなるアクセシビリティを必要とするユーザー向けに設計されています

AssistiveTouchは、Appleがウェアラブルの研究開発分野でどれだけ先行しているかを示すという点で優れています

スポンサーリンク


これはCybartの記事の一部で、Appleはウェアラブルで4~5年の技術的リードをしており、全体的に見ると10年先を行っていると主張しています

ウェアラブルに関しては、Appleが5年以上リードしているのではないか?

単に腕を脇でリラックスさせたまま、手でつまんだり握ったりするジェスチャーを使うというアイデアは、Apple Glassesなどをコントロールするのに最適な方法のようです

これはApple WatchとApple Glassesの所有者を必要とするので、唯一のコントロールオプションではないかもしれないが、推奨されるものとしては理にかなっており、2つのデバイスを1つよりもはるかに優れたものにすることでAppleエコシステムを強化すると思われます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)