新しい12.9インチM1 iPad Pro 2021のXDRディスプレイに批判が殺到

新しい12.9インチM1 iPad Pro 2021のXDRディスプレイに批判が殺到

新しいiPad Pro 12.9を発表したとき、Appleは多くのことを約束していました

新しいM 1チップに加えて、大型iPadの最も重要なイノベーションは、Liquid Retina XDRディスプレイと呼ばれるフルボディのAppleの新しいディスプレイです

Appleは初めて、従来の液晶ディスプレイではなく、いわゆるMini-LEDバックライトをiPadに搭載しました、ただし、iPhone 12のような有機ELではなく、いわゆるIPSパネルのままです

何よりも、HDR素材の表示がこの新技術の恩恵を受けており、HDRビデオや写真は、2500の個別に制御可能なローカル調光ゾーンを通じて新しいダイナミックで画質を実現します

最初の新しいiPadが納品されましたが、多くのユーザーは新しいHDR機能に熱心ではありません

Macrumorsなどのフォーラムでは、すでにこの話題が詳細に議論されており、新しいiPadの実際のユーザーの間でも、問題の深刻さについて意見が大きく分かれています

Redditの中ではiPadを返品・キャンセルした人もいると言われています、しかし、この問題はまったく関係ないと考える人も少なくありません

批判の最も重要なポイントは、「ブルーミング」の発生であり、それを説明する必要があります

スポンサーリンク

HDR動画の画質を最適化するためには、一流の再生機器が必要です、特にテレビのテストでは、「ブルーミング」という画像エラーがよく指摘されます

この好ましくない「ブルーミング」が意味するのは、黒い背景の上にある光の物体の周りに見えるようになる、一種のオーラや影のような効果のことです、聞くところによると、Apple Mini LED Panelでもこの現象は発生しており、特に黒地に白文字の場合に見られると言われています

この問題はすでにテレビで取り上げられており、Appleもサポートドキュメントでこの問題を取り上げています、Appleによると、この現象は、LEDゾーンが液晶のピクセルサイズよりも大きい場合に発生します、そして、白い文字の周りに白いきらめきが見られます

しかし、多くの報告によると、この問題は映画や写真ではほとんど気にならず、文字の動かない表現など特定のオブジェクトでのみ発生するとのことで、例えば、黒い背景に白い文字が固定されているような、特にコントラストの高い状況では、この問題が発生します

Appleが自社のサポートページで詳しく説明しているように、ディスプレイの光は1万個のミニLEDで生成されています、そのうち4つを組み合わせて、個別に制御可能なローカルディミングゾーンを形成しています

Appleによると、この2,500個の非常に小さなゾーンのおかげで、実際にはディスプレイにブルーミング効果はないはずです、さらに、ディスプレイの光学コーティングもこれをサポートしているはずです、Apple以外では、この技術は「フルアレイローカルディミング(FALD)」とも呼ばれています

ディスプレイのミニLED層とLCD層の遷移を調整する必要があります、なお、Appleによれば、黒い背景でスクロールしたときのわずかなぼやけや色の変化は「正常な動作」とのことです

スポンサーリンク


この現象がどの程度気になるかは、おそらく非常に主観的なものであり、個人や使用目的によって大きく異なるでしょう

結局のところ、このディスプレイは他の多くの分野で前モデルよりも優れています、この分野では有機ELパネルには及ばないものの、初めて本格的なHDRに対応しました

多くのユーザーにとっては、太陽光の下での作業に適した優れた輝度と色の正確さの方が重要でしょう

しかし、HDR映画を完璧に楽しむためには、有機ELテレビの方がより良いソリューションとなるでしょう

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)