12.9インチiPad Pro(2021年)の予約が「遅れる可能性が高い」との報道

12.9インチiPad Pro(2021年)の予約が「遅れる可能性が高い」との報道

2つ目のレポートによると、新しい12.9インチiPad Pro(2021年)の予約注文は、ミニLEDディスプレイの供給上の制約のために遅れる可能性が高いとのことです

Digitimes

業界関係者によると、miniLEDバックライトを搭載したiPad Proデバイスの第一次予約分の配送は、miniLEDチップとバックライトボードの供給問題により遅れる可能性が高いとのことです

このニュースは、火曜日にBloombergが発表した同様の記事に続くものです

Appleは、新しいハイエンドiPad Proのサプライチェーンの制約に悩まされており、同社の最も高価なタブレットがすでに1ヶ月半も待たされているという状況をさらに悪化させる可能性があります。
最新のiPad Proは約1週間後に正式に発売されますが、購入者が手に入れられるのは7月に入ってからのことになるかもしれません。予約注文の納期はすでに6月下旬から7月上旬に延びています。その最大の理由は、12.9インチモデルの新しいMini-LEDスクリーンの製造がこれまでのところ困難であることです。
発表前の4月にBloomberg Newsが報じたところによると、この新技術には複雑な要素があるため、供給に制約があるとのことでした。Appleの生産パートナーは、より複雑なスクリーンを大量に生産するのに苦労していると、この件に詳しい関係者は語っています

Mini-LEDを搭載しているのは、12.9インチiPad Proのみですので、11インチモデルは影響を受けることはないようです

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)