2020年第4四半期、Appleの5G iPhoneの日本での販売台数が爆発的に伸び、日本の5G出荷台数は2019年の40倍にまで増加

2020年第4四半期、Appleの5G iPhoneの日本での販売台数が爆発的に伸び、日本の5G出荷台数は2019年の40倍にまで増加

台湾から本日発表された新しい技術レポートによると、日本のICT市場調査・コンサルティング機関であるMM総研が18日に調査報告書を発表し、2020年(2020年4月~2021年3月)の日本国内のスマートフォン出荷台数が年率16.9%増の3,275万7,000台になると指摘しました

これは、過去最高を記録した2017年の3,258万台を上回るものです

MM主席研究員によると、2020年10月と11月にAppleが発売するiPhone12シリーズ4機種はすべて5Gに対応しており、日本の5Gスマートフォン出荷台数を押し上げ、2020年の出荷台数は1,101万台に達すると述べています

5Gスマートフォンは、2019年の26.9万台から40倍(3,993%)に増加し、スマートフォン全体の出荷台数に占めるシェアは、2019年の1%から33.6%に急上昇し、30%の壁を突破しました

ベンダー別の出荷台数を見ると、2020年は、Appleの「iPhone」が日本のスマートフォン市場の半分近くを占め、引き続き1位となり、シャープ、サムスン、富士通、ソニーが続いています

2021年度の総出荷台数予測は前年度比4.3%増の3,662万台、うちスマートフォン出荷台数は2021年度3,444万台(スマートフォン比率94%)と予測しています

5Gスマートフォン出荷2,271万台で2020年度から倍増し、スマートフォン市場に占める5G比率も65.9%にまで拡大する見通しです

(Source MM総研 , Via Patently Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)