M1チップと同等の性能を持つiPad Proがもたらすメリット

M1チップと同等の性能を持つiPad Proがもたらすメリット

噂では、新しいiPad Proが発売されるまで、あと数週間と言われています

もちろん、iPad Proがより高速なプロセッサを搭載すると言われても不思議ではありません

アップデートされてから12か月も経っていませんが、iPad Proは現在Appleが製造するタブレットとして速さはiPadAirに次ぐ2番目となり、これは、Appleのフラッグシップタブレットが遅く、より高価であるという奇妙な位置付けとなっています

BloombergのMark Gurman氏によると、今後発売されるiPad Proのプロセッサは “最新のMacに搭載されているM1チップと同等の性能を持つ” とされており、それは非常に高速になることを意味しています

デスクトップの速度は軽量タブレットでは素晴らしいが、同時に少々オーバーとも言えなくもありません

スポンサーリンク

Apple Proアプリが登場

iPad Pro向けのプロレベルアプリのリストは非常に明確です、最も重要なのは、XcodeがiPadOSに対応していないことで、iPadアプリを開発するにはMacが必要だということです

現状では、XcodeはiPadでできることを超えた膨大な量のリソースと処理能力を消費しています、しかし、M1プロセッサを搭載することで、Appleは開発者のプラットフォームをiPadに持ち込むことができるかもしれません、タブレット版のFinal Cut Pro Xもそう遠くはないでしょう

Microsoft Surfaceは、事実上あらゆるWindowsアプリケーションをインストールして実行できるので、そろそろiPadもMacと同等の性能を持つようになる時が来ているのです

Macのようなマルチタスク

控えめに言っても、iPadのマルチタスクシステムは特に優れているとは言えません

ナビゲーションは混乱していて分かりにくく、ジェスチャーやタイピングは直感的ではないし、システム全体で複数のアプリを同時に操作することは必ずしも容易ではありません

M1 iPad Pro 00002

新しいチップでこれらの問題を解決するにはコンセプト全体を考え直す必要があるが、Appleはマルチタスクのパフォーマンスを向上させることができます

より多くのパワーとリソースを利用できるようになれば、iPad ProはナビゲーションやマルチタスクがMacらしくなり、より大きなスクリーンとタッチ操作しやすいインターフェースを利用できるようになるでしょう

トラックパッドがサポートされるようになったことで、Appleは次期iOS 15でマルチタスキングの選択肢をさらに増やしました

スポンサーリンク

バッテリ持続時間の向上

信じられないかもしれませんが、初代iPadが市場に出て以来、Appleのタブレットは「最大10時間のWi-Fi接続やビデオ視聴」と評価されてきました、しかし、M1チップであれば、最終的には15時間ないし20時間に達する可能性があり、これは最新のMacBookやiPhone 12 Proと肩を並べることになります

これは明らかにProモデルをiPad Airと差別化し、Appleのフラッグシップタブレットに、他のモデルにはない機能を提供するでしょう

MacのアプリがiPadに登場

macOS Big SurとM1チップの導入により、AppleはMac上で最適化されたインターフェイスとネイティブ解像度を持つCatalystを開拓したので、iPadアプリがデスクトップ上のモバイルデバイス用であると感じなくなるようにしました

結局のところ、M1のサイズのチップを使用すると、Catalystは両方の方法で機能する可能性があります、iPadの画面はMacアプリに最適であり、デスクトップグレードのプロセッサを使用すれば、アプリ開発者はパフォーマンスやストレージの問題について心配する必要がありません

M1 iPad Pro 00003

したがって、Mac開発者は、後ろ向きに考えてモバイル指向のアプリをはるかに強力なデバイスに持ち込む代わりに、まったく新しいオーディエンスにリーチし、アプリを使用および操作するための新しい方法を開くことができます

新しいフレームワークとAPIが必要になりますが、WWDCが間近に迫っているため、Appleはいくつかの新しいツールを手に入れるかもしれません

スポンサーリンク

ハイブリッドデバイスが開発中

iPad Proのより強力なチップは、将来の前触れになる可能性があります

ある時点で、スピード、汎用性、携帯性という両方の長所を兼ね備えたハイブリッドデバイスが登場することは理にかなっています、iPadにM1のようなプロセッサが搭載されれば、Appleは妥協や妥協の必要のないデバイスを開発するためのプラットフォームを手に入れることになります

数年後には、iPad Pro 2021の姿がまったく違ったものになっているかもしれません

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)