iPad Proは2021年初頭のMini-LEDモデルに続き、2021年後半にはOLEDディスプレイを採用する

iPad Proは2021年初頭のMini-LEDモデルに続き、2021年後半にはOLEDディスプレイを採用する

韓国のWebサイトThe Elecは、AppleがMini-LEDディスプレイを搭載したiPad Proの少なくとも一つのモデルを2021年前半にリリースする計画であり、これは何ヶ月も前から広く噂されていたことだと主張していますが、その記事は興味深い新たな展開を付け加えています

2021年前半にMini-LEDバックライトを搭載したiPad Proの第1弾モデルがリリースされたのに続き、The ElecはAppleが今年後半にOLEDディスプレイを搭載したiPad Proの新モデルをリリースする予定だと述べています

同記事によると、SamsungとLGはすでにiPad Pro向けのOLEDディスプレイの開発を進めていると言います

これまでのうわさの多くは、Mini-LEDバックライトは3月ごろに発売されるハイエンドの12.9インチiPad Proに限定される可能性があると主張してきたので、iPad Proの他のラインナップは、年内にOLEDディスプレイにアップグレードされるまで従来のLCDを使い続ける可能性があるが、現時点ではロードマップは不明です

スポンサーリンク


Mini-LEDディスプレイとOLEDディスプレイには、従来のLCDと同じ利点が数多くあります、これには、輝度の向上、コントラスト比の向上、電力効率の向上などがあります

​Appleはすでに、最新のiPhoneとApple WatchにOLED技術を採用しています

Appleは2020年3月にiPad Proを最後にリフレッシュしましたが、それは比較的マイナーなアップデートで、基本的にはA12XチップにGPUコアを追加して有効にしたA12Z Bionicチップ、Ultra Wideカメラ、拡張現実を強化するLiDARスキャナー、より良いサウンドのマイクなどの新機能が搭載されていました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)