Apple M1 MacBook Pro、8GB RAMと16GB RAMのパフォーマンスの違いのビデオを公開

Apple M1 MacBook Pro、8GB RAMと16GB RAMのパフォーマンスの違いのビデオを公開

すべてのM 1 Macモデルは同じM1チップを使用しているため、アップグレードオプションはSSDストレージ容量とRAMに限定されています

8GB RAMを搭載したマシンとアップグレードされた16GB RAMオプションの違いを示す比較はあまり見られていませんが、Max Techは、8GB MacBook Proと16GB MacBook Proのパフォーマンスを強調するビデオを公開しました

ビデオには、GeekbenchやCinebenchからRAWエクスポートテストまで、一連のベンチマークテストが含まれています、GeekbenchとCinebenchのベンチマークでは、8 GBモデルと16 GBモデルのパフォーマンスの違いは示されませんでしたが、RAMの使用率を最大化するために設計された他のテストでは、いくつかの違いが示されました

コンパイルコードを模倣したMax Tech Xcodeベンチマークでは、16GBモデルのスコアは122で、8GBモデルのスコアは136で、低いスコアの方が優れています

M1 MacBook Pro 8vs16 00002

最大の違いが見られたのは、8K RAW R3Dから4Kへのエクスポートで、8GB MacBook Proは13.57秒で完了したのに対し、16GB MacBook Proは5.59秒で完了し、2019年モデルの 16インチCore i9 MacBook Pro (32GB RAM) と同等の時間でした

M1 MacBook Pro 8vs16 00003

スポンサーリンク


​4KエクスポートテストとLightroom Classic RAWエクスポートテストでもわずかな違いが見られましたが、Lightroomテストでは17秒と非常に近く、16GBモデルは2,300ドルのiMacにも勝っています

M1 MacBook Pro 8vs16 00004

特筆すべきは、これらのベンチマーク性能テストの間、Max Techはファンが起動する必要のない低いパフォーマンス温度を確認しており、これはM1 MacBook ProモデルとIntel MacBook Proモデルを比較した時に大きな違いでした

8GBのRAMを搭載したマシンと16GBのRAMを搭載したマシンのどちらにするかを決めようとしている人には、Max Techのビデオは全文を見る価値があります

ベンチマークでは、特にシステムを集中的に使うタスクでは若干の性能差があるようですが、日常的な使い方では、8GBモデルは十分に持ちこたえており、ほとんどの人は16GBへのアップグレードを必要としないかもしれません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)