iPad Pro 2020は、マイクハードウェア切断プライバシー機能を備えた最初のモデル

iPad Pro 2020は、マイクハードウェア切断プライバシー機能を備えた最初のモデル

最近のApple MacBookには、物理的にカバーを閉じたときにハードウェアマイクを切断する積極的なセキュリティ機能が搭載されています

この機能は、侵害されたハードウェアの盗聴を防止するために設計されています

最近発表されたiPad Pro 2020から、AppleはiPadにも同じプライバシー機能を導入しています

Appleは2018年、Appleの 「T2」 セキュリティチップを搭載した 「MacBook」 モデルでこのセキュリティ対策を採用し始めました

この新しいセキュリティ機能は、iPadをケースで閉じると動作し、2020年モデルの 「iPad Pro」 にはMFi準拠のアクセサリを使用する必要があります

AppleのPlatform Securityドキュメントの最新バージョンでは、新機能が明らかになっています

2020年以降のiPadモデルでは、ハードウェアマイクの接続が解除されています。MFI準拠のケース(アップルが販売したものを含む)をiPadに接続して閉じると、ハードウェア内でマイクの接続が解除され、iPadOSのルート権限やカーネル権限を持っていても、ファームウェアが危険にさらされていても、マイクのオーディオデータをどのソフトウェアでも利用できなくなります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)