Apple、2020年第4四半期にミニLEDディスプレイを搭載したハイエンド12.9インチiPad Proを発売する予定

Apple、2020年第4四半期にミニLEDディスプレイを搭載したハイエンド12.9インチiPad Proを発売する予定

DigiTimesによると、Appleは今年中にミニLEDディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proを発売する予定です

このソースは、これがAppleがこのミニLEDディスプレイテクノロジーを採用することの始まりにすぎず、今後5年間でさらに展開することを目指してるとしています

レポートでは、AppleがiPhoneで使用されているOLEDよりもミニLEDディスプレイを優先していると主張しています

また、AppleはミニLEDディスプレイの使用に関連するさらなる研究開発を進めていると主張しています

Appleのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は以前、ハイエンドのオプションであると予想される12.9インチ iPad Pro のミニLEDバージョンが2020年の秋に発売されると述べました

今週初めに発表された春の「iPad Pro」モデルの刷新にも関わらず、12.9インチモデルはまだ計画中です

Kuo氏によると、Appleには2020年と2021年にデビューする予定の6つのミニLED製品があります

Appleは、前述の12.9インチの「iPad Pro」、27インチのiMac Pro、14.1インチのMacBook Pro、16インチのMacBook Pro、10.2インチのiPad、および7.9インチiPad miniで、このテクノロジーをデビューさせると言われています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)