Apple、5G iPhoneは新型コロナウィルスの影響はあるが現時点では秋のリリース予定

Apple、5G iPhoneは新型コロナウィルスの影響はあるが現時点では秋のリリース予定

Bloombergの匿名の情報からのレポートは、現時点で、5G機能を備えた次期フラッグシップiPhoneは、秋に発売する予定としています

ただし、大量生産は5月まで開始されないため、そのプロセスが開始されると遅延が発生する可能性があります

一方、Appleは今週、新しいiPad ProとMacBook Airを発表しましたが、これらのデバイスの生産は、中国の新型コロナウィルスの最悪の影響の前の1月初旬に開始された可能性があります

このレポートは、iPad Pro用マジックキーボードが5月まで出荷されない理由が遅延であることを示唆しています

ある情報筋はBloombergに対し、iPhone 12は軌道に乗っているが、Appleのサプライチェーンは部品出荷の減速により通常のペースで動いていないと語っています

スポンサーリンク


例えば、マレーシアの主要なアップルサプライヤーは、COVID-19のために同国で2週間のロックダウンのために生産を停止しました

Appleのサプライヤーや、韓国、英国、米国、イタリア、ドイツを含む他の国のチームも影響を受けています

米国では、AppleはワイヤレスチップをBroadcomに依存していますが、BroadcomのHock Tan最高経営責任者(CEO)はすでに、COVID-19は「特に下半期において半導体事業に影響を与えるだろう」と述べています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)