iOS 15.4では4G LTEセルラーデータ経由でiOSソフトウェアアップデートのダウンロードが可能に

iOS 15.4では4G LTEセルラーデータ経由でiOSソフトウェアアップデートのダウンロードが可能に

iOS 15.4の新機能:5GでのiOSソフトウェアアップデート

Appleはこれまで、携帯電話の帯域幅とバッテリー寿命の両方を維持するために、iOSソフトウェアのダウンロードをWi-Fiネットワークに制限していました

2020年にiPhone 12ファミリーが発売されると、Appleは、iPhone 12またはiPhone 13のどのモデルでも、高速な5Gネットワーク経由でiOSソフトウェアアップデートをダウンロードする機能を導入しました

そして今回、iOS 15.4 betaでは、4G LTEセルラーデータを使用してiOSアップデートをダウンロードする機能が追加されました

iOSソフトウェアアップデートに4G LTEを使用する機能は、一部の地域の一部の人々に提供されてきました、iOS 15.4は、この機能をこれまでサポートされていなかった地域のより多くのユーザーに拡大するものです

Appleは現在、iOS 15.4とその他のプレリリースソフトウェアを登録デベロッパーとパブリックベータテスターでテストしています、iOS 15.4がデベロッパテストを終了し、プライムタイムの準備が整うまでに、少なくとも2〜3回の追加ベータが行われるはずです

スポンサーリンク

5G経由のソフトウェアアップデートを可能にする

iPhone 12やiPhone 13以降の5G対応iPhoneユーザーは、5G回線でiOSのオーバーザエアアップデートをダウンロードするように設定することが可能です

5Gのデータ転送速度は一般的なWi-Fiネットワークよりもはるかに高速です、その観点からすると、この機能は非常に理にかなっています

5G経由でiOSソフトウェア・アップデートをダウンロードする方法

iPhone 12やiPhone 13などの5Gデバイスで

  1. [設定]>[モバイル通信]を選択します
  2. [通信のオプション]を選択します
  3. [データモード]を選択します
  4. [5Gでより多くのデータを許容]を選択します
  5. 5G Update

説明によると:
[5Gでより多くのデータを許容]では、Wi-Fiより5Gを優先し、ソフトウェア・アップデート、自動iCloudバックアップ、高品質のメディア再生に5Gが使用されます

(Via iDownloadBlog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)