Institutional Shareholder Services、Apple株主にCEO Tim Cookのボーナスに反対票を投じるよう要請

Institutional Shareholder Services、Apple株主にCEO Tim Cookのボーナスに反対票を投じるよう要請

委任状作成会社のInstitutional Shareholder Servicesは、Appleの投資家に対し、Tim Cook最高経営責任者の報酬について、株式報酬の額と仕組みに問題があるとして反対票を投じるよう促しています

Appleの年次株主総会は、3月4日(金)9:00 a.m. PT / 12:00 p.m.(東部標準時)に開催される予定となっています

Reuters によると

ISSは書簡で、「21年度にTim Cook CEOに支払われた株式報酬の設計と規模について重大な懸念がある…報酬の半分が業績基準を欠いている」と指摘しました

Cook氏は2021年に300万ドルの給与を手にした、さらに、株式報酬で8,230万ドル、Appleの目標達成で1,200万ドル、航空券、401(k)プラン、保険料などで140万ドルを受け取りました

合計すると、2021年には9,870万ドルを稼ぎましたが、前年は1,480万ドルでした

長期株式計画の一環として、2011年以来初めてとなる株式交付で、333,987株の譲渡制限付きストックユニットを受け取りました、同氏は、2023年に追加でユニットを受け取る資格があります

ISSは、Cook氏の2021年の株式報酬を7,500万ドルと評価しました、1月に開示された申請書によると、彼の給与はハイテク大手の平均的な従業員の1,447倍でした

スポンサーリンク


Financial Timesによると

Appleの役員報酬に関する株主投票は諮問的なものであり、取締役会がそれに対して行動を起こす必要はありません

昨年の投票では約95%がAppleに有利に働きました、しかし、Cook氏の給与に関する前回の重大な反発から9年が経過した今年、大きな抗議があれば、Appleの取締役会が揺らぐ可能性があります

ISSがAppleに否定的な勧告をしたのは、昨年S&P500企業のうち、年次総会で給与に関する投票に50%の支持が集まらなかった企業が過去最多となったことを受けたものです











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)