Apple、iOS 14を使い続けるオプションは常に一時的なものであったと発表

Apple、iOS 14を使い続けるオプションは常に一時的なものであったと発表

先週、AppleがiOS 14のセキュリティアップデートのリリースを停止し、まだiOS 14を使用しているユーザーにiOS 15へのアップグレードを促しているというニュースが報じられました

Appleは本日、Ars Technicaに対し、iOS 14にとどまりiOS 15へのアップグレードを避けるという選択肢は、常に一時的なものであることを意図していたと述べています

iOS 14に対するセキュリティアップデートがもうなく、同アップデートのサポートが実質的に終了したことは間違いではありません

iOS 15がリリースされたとき、Appleの機能ページには、設定アプリで「2つのソフトウェアアップデートバージョン間」選択肢を提供し、ユーザーがアップグレードする準備ができるまでiOS 14のセキュリティアップデートを提供すると書かれていました

スポンサーリンク


iOS 15がリリースされ、この情報が公開されたとき、Appleはこれが一時的なオプションであることを明確にしませんでしたが、2021年9月に同社は最新のサポート文書を公開し、iOS 14にとどまるオプションが「しばらくの間」利用可能であることに言及ました

iOS または iPadOS 14.5 以降をお使いの場合は、2 つのソフトウェア・アップデートのバージョンから選ぶオプションが表示されることがあります。その場合は、iOS または iPadOS 15 の最新バージョンがリリースされ次第アップデートするか、重要なセキュリティアップデートがリリースされている間は引き続き、しばらくの間 iOS または iPadOS 14 を使い続けるかを選択できます。

iOSまたはiPadOS 14.5以降を使用している場合は、ソフトウェアアップデートのバージョンを選択するオプションが表示されます

このオプションでは、リリース後すぐにiOSまたはiPadOS 15の最新バージョンにアップデートするか、一定期間重要なセキュリティアップデートを入手したままiOSまたはiPadOS 14を継続するかを選択できます

Appleの最後のiOS 14セキュリティアップデートであるiOS 14.8.1は10月にリリースされましたが、それ以降のアップデートはありません

実際、iOS 14.8を搭載するiPhoneではiOS 14.8.1のアップデートは一切利用できないません、iOS 15.2.1は、iOS 14を搭載するすべてのiPhoneに対する唯一のアップデートオプションです

スポンサーリンク


Appleは、ユーザーはアップグレードの準備が整うまで待つこともできると述べましたが、同社は現在、ユーザーがiOS 15アップデートをインストールすることを期待しているようです

最新のセキュリティアップデートやセキュリティ対策を求めるiPhoneおよびiPadユーザーは、 iOS 15とiPadOS 15の最新バージョンをインストールする必要があります

Appleは先週、iOS 15のインストール数を発表しましたが、以前のiOSアップデートほど人気がなかったことが分かっています

(Source Ars Technica , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)