Appleは、Siriを使って乗り物を呼んだり支払いをしたりすることを許可しなくなりました

Appleは、Siriを使って乗り物を呼んだり支払いをしたりすることを許可しなくなりました

ユーザーや開発者から大きな反発を招く可能性のある静かな動きとして、Appleは、iOS 15がこの秋リリースされたら、Appleおよびサードパーティーアプリの両方で多数のSiriによるインタラクションを 「新規および既存のすべてのOSリリース」でサポートしないと発表しました

このリストはかなり広範囲にわたっており、Uberの乗車予約や写真検索などの一般的なアクションが含まれています

Appleは「Deprecated SiriKit Intent Domains」という新しいサポートページを公開し、iOS 15、iPadOS 15、macOS Monterey、watchOS 8がこの秋にリリースされれば 「いくつかのSiriKitインテントドメインが非推奨になる」ことを開発者に通知しています

Appleが説明しているように、ユーザーがサポートされなくなったリクエストをすると、Siriはそのリクエストをサポートできなくなります

開発者がアプリをアップデートするために必要な作業は何もありませんが、Appleはアプリ開発者に対して「機能を強調するプロモーション活動をアップデートする」よう警告しています

しかし、今回の変更は、Siriを利用してアプリの機能を強化しているユーザーと開発者の両方に影響を与えることは間違いありません

例えば、CarPlayを使って車のラジオ、エアコン、座席の設定を操作する機能は、すべてiOS 15で削除されています

スポンサーリンク

削除されたリスト

CarPlay

  • 車のオーディオソースを設定する
  • 車の気候設定を設定する
  • 自動車のデフロスタ設定
  • 車のシート設定を設定する
  • 車にプロファイルを保存
  • 車のプロファイルを設定
  • ラジオ局を設定

ノートに追加

  • タスクリストの作成
  • タスクの削除

支払い

  • 請求書の支払い
  • 請求書の検索
  • 送金(口座間)

写真

  • 写真の検索
  • 写真の再生を開始

乗車予約

  • 乗車オプションの一覧表示
  • 乗車のリクエスト
  • 乗車状況を取得する
  • 乗車のキャンセル
  • 乗車フィードバックの送信

ビジュアルコード

  • ビジュアルコードを取得

VoIP通話

  • 通話履歴の検索

AppleがなぜiOS 13で導入された機能を削除するのかは不明ですが、非推奨のインタラクションの中には、ユーザーにとって不満や戸惑いを感じるものもあるでしょう

たとえば、タスクリストからタスクを削除することはできなくなりましたが、タスクを追加することはできます、Appleは、Mapsの配車サービスは引き続きサポートされると述べています

この限定された機能はおそらくApple自身のリマインダーアプリには適用されないとおもわれますが、テストしてみないとわかりません

AppleはiOS 15で、オフラインサポート、デバイス上での高速処理、オンスクリーンコンテキストなど、いくつかの新しいSiriの機能強化を追加しましたが、廃止予定のインタラクションに直接影響する新機能はないようです

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)