Apple、中国で情報漏者との戦いをエスカレートさせる

Apple、中国で情報漏者との戦いをエスカレートさせる

Motherboardが入手した手紙のコピーによると、リーク企業との戦いが激化していることを示す兆候として、Appleは盗まれたiPhoneのプロトタイプをソーシャルメディアで宣伝していた中国市民に、販売停止を求める手紙を送付したと言います

2019年、Motherboardの調査により、盗まれたAppleのプロトタイプの影のマーケットが明らかになりました

あまり知られていないこのマーケットは、謎の中国人AppleまたはFoxconnの従業員が、深圳のLonghuaのような工場からハードウェアをこっそり持ち出すことで支えられているとされています

その後、再販業者がこれらのデバイスを入手し、コレクターや、iPhoneの欠陥を発見したり悪用したりすることで優位に立とうとするハッカーたちに販売します

当時、Appleにコメントを求めたが回答は得られず、同社がこのグレーマーケットについてどの程度知っているのか、何をしているのか、何をしようとしているのか、何をしようとしているのかは不明でした

この停止命令書は、アップルがいかにして再販業者を追いかけ、彼らが関与するグレーマーケットを取り締まろうとしているかを示しています

スポンサーリンク


この手紙は、中国におけるAppleの法律事務所であるFangda Partnersから2021年6月18日に送られたものです

この手紙の中で、Appleは販売者に対して、リークされたAppleデバイスの取得、広告、販売を中止するよう求め、リークされたデバイスを提供した人のリストを要求しています、言い換えれば、Appleは販売者に対して、誰がそのデバイスを提供したかを明らかにすることを求めています

2019年、Motherboardは、盗まれたAppleデバイスをソーシャルメディア上で広告・販売していた複数の人物を確認しました、Appleをさらに怒らせることを恐れて匿名を希望した販売者の1人は、手紙を受け取ったことを確認しました

Appleが何人に差し止め命令を送ったのかは不明です

(Via Motherboard.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)