iOS 15の「写真」アプリは、どのアプリから画像が保存されたかを表示

iOS 15の「写真」アプリは、どのアプリから画像が保存されたかを表示

iOS 15では、Appleは写真のEXIFデータを表示する機能など、写真アプリにいくつかの歓迎すべき改善を加えました

後者の機能には、新しい「情報」ボタンからアクセスでき、このボタンには、選択した写真のキャプションフィールド、写真が撮影された場所、および利用可能なルックアップ情報も表示されます

上記に加えて、「情報」ボタンには、カメラを使用して撮影しなかった場合に画像が保存されたデバイス上のアプリも表示されます

たとえば、これでは、HomePod画像がSafariを介してWebから保存されたことがわかります

Photos Save 00002

スポンサーリンク


このメタデータ情報は整理タグのようにも機能するため、太字の「保存元」の場所をタップすると、写真アプリがフォトライブラリをフィルタリングして、同じアプリから保存された他の画像を表示するので、カメラロールにあるかもしれない他の画像を延々とスクロールする必要はありません

つまり、カメラロールに保存されている他の画像を探すために延々とスクロールする必要はありません

この新機能により、写真に新たな整理レイヤーが追加され、例えば、メッセージやWhatsAppの会話スレッドから保存されたすべての画像を、アプリにアクセスすることなく見つけることができるようになります

Photos Save 00003

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)