Apple Watch Series 7は画面のベゼルが薄くなり、プロセッサが高速化され、ウルトラワイドバンド技術が更新される可能性

Apple Watch Series 7は画面のベゼルが薄くなり、プロセッサが高速化され、ウルトラワイドバンド技術が更新される可能性

BloombergのMark Gurman氏によると、今年のApple Watch Series 7は、ディスプレイのベゼルが薄くなり、ディスプレイをフロントカバーに近づける新しいラミネーション技術が採用されるようです

「Appleは、より高速なプロセッサ、改善されたワイヤレス接続、最新のスクリーンを追加することで、今年、Apple Watch Series 7と名付けられたモデルでApple Watchシリーズを刷新することを計画している」、この計画を知る人々は語っています

また「今年のモデルでは、ディスプレイの縁を薄くし、ディスプレイをフロントカバーに近づける新しいラミネーション技術をテストしています、新しいWatchは、全体的にわずかに厚くなるようですが、ユーザーに気づかれるようなものではありません」とも言います

Gurman氏によると、このモデルには、Appleのアイテムファインダー「AirTag」の基礎技術と同じ、アップデートされたウルトラワイドバンド機能が搭載されるとのことですが、追加のバイオメトリックヘルスセンサーは、後継モデルに延期されるようです

スポンサーリンク


Gurman氏は次のように述べています

Appleは以前、今年のモデルに体温センサーを搭載することを目指していましたが、2022年のアップデートで搭載される可能性が高くなりました。また、糖尿病患者の血糖値のモニタリングに役立つ血糖値センサーは、実用化に向けてあと数年は間に合いそうにありません

Appleは先週のWWDCで次期watchOS 8ソフトウェアアップデートをプレビューし、Apple Watchでドアやホテルの部屋の鍵を開けることができるなど、これまでにない機能をデモンストレーションしましたが、これらの機能は次期Apple Watch Series 7 専用になる可能性があるようです

Gurman氏は以前、Appleがより頑丈な「エクストリームスポーツ」モデルのApple Watchを開発しており、早ければ今年中に発売される可能性があると報じていました

しかし、Gurman氏は現在その予想を修正し、早くても2022年までは登場しないだろうと述べています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)