OmniGroup、iOSおよびiPad、Apple Watch版OmniFocus v4パブリックベータ版を発表

OmniGroup、iOSおよびiPad、Apple Watch版OmniFocus v4パブリックベータ版を発表

OmniGroupは、OmniFocusの最新のmacOSおよびiOSバージョンのパブリックベータ版を発表しました

バージョン4では、OmniPlanバージョン4に続き、インターフェイスが簡素化され、Omni Automationのサポートが強化され、アプリ内で繰り返し行う作業をスクリプト化することが可能になります

この新しいパブリックベータ版について、OmniGroupのCEOであるKen Case氏は、SwiftUIでユーザーインターフェースを再構築することで、よりモダンで反応の良いものにする機会を得たと説明しています

iOSではタップ回数が減り、iPadOSではキーボードコマンドが増えたことで、表示の切り替えがより簡単になりました、その他の「iOSの新機能」としては、バージョン3ではmacOS専用となった「フォーカス」と「クイックオープン」があります

現在出荷されているバージョンのOmniFocusと同様に、単一のデータベースをプラットフォーム間で同期することは不可欠な機能であり、OmniFocusがインストールされているどのデバイスからでもデータの更新ができるように確実に機能します

スポンサーリンク


iOSの機能向上と従来のMacのみの機能の両方により、モバイルデバイスでのOmniFocusがさらに強力になっています

OmniFocus v4 00002

キーボード付きのiPadを使っている人は、すでにMac版に近い体験をしていると思いますが、OmniFocusはそのギャップをさらに狭めるために多くのことをしています

OmniGroupは、iPadOS 14、iOS 14、watchOS 7をお使いの方にベータ版を公開しました

参加するには、OmniFocus 4 TestFlightの順番待ちリストに登録する必要があります











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)