Apple、iOS14.5でアプリ追跡の透明性ルールに反するアプリのアップデートを拒否するようになった

Apple、iOS14.5でアプリ追跡の透明性ルールに反するアプリのアップデートを拒否するようになった

Forbesの新しいレポートによると、Appleは、iOS 14.5から同社が施行している「App Tracking Transparency」ルールに準拠していないアプリのアップデートを拒否し始めたと言います

アプリは、広告ターゲティングを目的としてアプリ間でユーザーを追跡するために、ユーザーのiPhoneの広告識別子またはIDFAへのアクセス許可を求めなければなりません、このルールは、iOS 14.5のリリース時にアプリが遵守する必要があります

アプリが拒否された開発者には、「Your app uses algorithm converted device and usage data to create a unique identifier in order to track the user」というメッセージが表示され、収集されているデータの一覧が表示されています

モバイルマーケティングのアナリストであるEric Seufert氏は、モバイル測定会社AdjustのSDKが、デバイスのフィンガープリントのために収集しているデータが原因であると述べています

5万本以上のアプリにインストールされているAdjustは、モバイルマーケティングの「影響を最大化する」としています

スポンサーリンク


Appleは、広告識別子がなくてもユーザーを追跡できるユーザーのプロファイルを作成する目的で、フィンガープリント技術を使ってデータを収集しているアプリをブロックしています

顧客が広告追跡のためのIDFAの使用を拒否した場合、そのユーザーは他の追跡方法も拒否したというのがAppleの見解です

AppleのApp Storeの規則によると、アプリ開発者はデバイスを識別する目的でそのデバイスからデータを収集することはできず、アプリ内のすべての追跡コード (使用しているサードパーティーのSDKを含む) は開発者の責任となります

AdjustのSDKがアップデートされ、CPUの種類、電話のメモリ、充電状態、バッテリレベルなどのデータにアクセスするコードが削除されたため、Adjustの使用を拒否されたアプリは、新しいAdjust SDKをインストールした後にアップデートが許可される可能性があります

Apple社がiOS 14.5をいつリリースするかはまだ決まっていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)