iOS 14.5 beta 3では「探す」アプリに新しい Itemsタブが追加され、AirTagsとサードパーティ製アクセサリを追跡できるようになった

iOS 14.5 beta 3では「探す」アプリに新しい Itemsタブが追加され、AirTagsとサードパーティ製アクセサリを追跡できるようになった

Appleは本日、開発者に「iOS 14.5 Developer beta 3 (18E5164h)」をリリースしています

本日のベータリリースで、同社は「探す」アプリの「アイテム」タブを新たに有効化し、ユーザーは噂されているAirTagsやサードパーティ製アクセサリーを追跡できるようになりました

9to5Macは昨年11月、Appleがシステム内で発見された内部コードに基づいて、iOS 14.3でAirTagsやその他のトラッキングアクセサリのサポート追加を開始したと報告していました

iOS 14.5 beta 3では、新しい「アイテム」タブが「探す」アプリでデフォルトで有効になっており、これはAppleがスマートタグ―Apple自身のAirTagsを「探す」アプリ使ってユーザーがオブジェクトを追跡できる「探す」ネットワークをついに公開することを示唆しています

スポンサーリンク


iOS 14.5で初めて「探す」アプリを開くと、アプリの新機能を示す新しいウェルカムスクリーンが表示されます

これには、アクセサリの追跡、通知の改善、 「探す」ネットワークのサポートが含まれます、「アイテム」タブをタップすると、「探す」アプリに新しいアクセサリを追加したり、自分のものではない見つかったアイテムを特定したりできます

最近の噂では、Appleが3月にAirTagsを導入すると示唆されているので、AppleがiOS 14.5でこの新しいアクセサリと互換性を持たせるために最終調整を行うことは理にかなっています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)