MacStoriesのスクリーンショットのショートカット「Apple Frames」、2020年のiPad Airに対応

MacStoriesのスクリーンショットのショートカット「Apple Frames」、2020年のiPad Airに対応

MacStoriesのiPhone、iPad、Apple Watchで撮影したスクリーンショットを物理的なデバイスフレームに入れるためのショートカット「Apple Frames」は、昨年12月にiPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxのサポートを追加して以来のアップデートで、2020年のiPad Airをサポートています

「Apple Frames」は、1つまたは複数のスクリーンショットを選択して、それらを合成画像にフレームすることができます
MacStories Shortcuts 00002
スクリーンショットをフレームに収めると、ショートカットのプレビュー、コピー、共有が可能になります

また、写真アプリの共有シートからApple Framesを実行し(または画像を共有する他のアプリケーション)、ショートカットを起動せずにインラインでスクリーンショットをフレームに収めることもできます

スポンサーリンク


私は大変重宝して利用させて頂いていますが、オリジナルのプログラムの場合、写真を読み込む順序が古い順となっているので写真を選択するのに、スクロールするのが大変になります

プログラムを保存反る時に、写真の読み込みの順番を新しい順に変更しておくと、写真の選択に時間がかからなくなります

ただし、複数のスクリーンショットを選択して、それらを合成画像する場合は逆順異なるので注意が必要です
MacStories Shortcuts 00003
ショートカットのMacStories Shortcuts Archiveには、「Apple Frames」以外にも有用なショートカットが掲載されているので確認されることをお勧めします











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)