iOS 13 および iPadOS 13 Public Beta 5は十分に安定している

iOS 13 および iPadOS 13 Public Beta 5は十分に安定している

「iOS 13 Public Beta 5」&「iPadOS 13 Public Beta 5」

Cult of Macによると、最新のiOS 13 Public Beta 5、iPadOS 13 Public Beta 5は、これまでのベータ版とはちがって、平均的な人がほとんど手間をかけずにiPadでマウスまたはサムドライブにアクセスできる、最終バージョンに十分近くなっていることがテストの結果で解ったと報告しています

IPadOS 00003 z z

スポンサーリンク

iPadOS 13

これまでのベータ版では、個々のアプリがクラッシュまたはパフォーマンスに悪影響を与え非常にバギーだったので、それを使用するには、多くの忍耐が必要でした

しかしながら、最新のベータ版では、まだ問題はありますが、仕事で1日10時間使用していて、Springboardのクラッシュは1時間に1回発生するものから、おそらく1日1回という珍しいものになりました

投稿者のED HARDY氏は地祇のように述べています

私が依存するすべてのサードパーティ製アプリケーションは現在安定していますが、一部の開発者はiPadOS 13をサポートするために調整する必要がありました。私は時々時間のためにこのタブレットを使用し、私はベータ版を実行している忘れることができます

ただ、同氏はまだ問題があり、iPad Proが時々クラッシュやアーカイブされた電子メールを取り戻し続け、Safariには思いがけないことが起こったりすることがあると言います

クリップオンキーボードを取り付けてタブレットをラップトップのように使用する人にとっては、マウスやトラックパッドを使用することができます

2018 iPad Proを持つ人はUSB-Cポートで、ファイル アプリがタブレットに接続されているUSB ドライブのすべてのコンテンツに完全にアクセスできるようになりました

iOS 13 も信頼性が高い

iPadOS 13には本当に劇的な改善が含まれていますが、iPhone版についても同じことが言えます

iOS 13ユーザーはiPad用に強化された機能を利用でき、必要に応じて、マウスをハンドセットに接続できます、サムドライブにアクセスもできます

最新のiOS 13ベータ版は軽度の使用で十分に機能しており、一部のユーザーが以前のエディションで経験したように、バッテリーの消耗に問題はありませんでした


スポンサーリンク

「iOS 13 Public Beta」「iPadOS 13 Public Beta」のアカウント登録方法

  1. Safariで「beta.apple.com」にアクセスします
  2. 「登録」をクリックします
  3. Apple Beta Software Program 2019 00001 z

  4. 「Apple ID」と「パスワード」を入力し「Sign in」をクリックします
  5. AppleBetaProgram 003

  6. Public Beta profileをインストールします、すでに登録をしていた方は再インストールをします

Beta版をインストールする前に

Beta版は、クラッシュや互換性のない、その他の問題が起きる可能性があるので注意が必要です

必要に応じてiOS 13ベータをiOS 12にダウングレードできるように、ベータシステムソフトウェアをインストールする前に、MacまたはWindowsのiTunesでデバイスのバックアップを作成することが重要です











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)